チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

北乃きいも絶句! 『ハルフウェイ』初日に北川監督が大ボケ 2009/2/23 17:00配信

(左から)プロデュースを手がけた岩井俊二、北川悦吏子監督、岡田将生、北乃きい、溝端淳平

チケット購入

高校生カップルの恋愛を繊細なタッチで描いた『ハルフウェイ』の初日舞台あいさつが21日、都内で行われ、北川悦吏子監督、北乃きい、岡田将生、溝端淳平、プロデュースを務めた岩井俊二が登壇した。

「ロングバケーション」や「オレンジデイズ」などの脚本を手がけ、数々の名セリフを生み出してきた北川監督だが、本作はほとんどがアドリブで撮影されたそうで、北乃は「アドリブは最初は戸惑いもあったんですけど、だんだん楽しくなってきて苦労よりも楽しさの方が大きかった」と撮影時を振り返った。

その後、岡田が「淳平くんが関西弁しゃべってるんですけど、関西弁がすごいカッコよくて、僕も関西弁でやりたいって言ったんですけど『ダメだ』って」と撮影時のエピソードを披露すると、北川監督が「溝端くんは関西出身じゃないよね?」と一言。これに和歌山県出身の溝端が「関西ですよ! ずっと関西弁だったじゃないですか!」とツッコむと北川監督は真顔で「和歌山じゃないの? 和歌山も関西?」とリアクションした後に、「しまった!」と苦笑い。このボケにキャスト陣が「ええーっ!」とツッコむと、客席から大きな笑いが起こった。

その後、司会者から「主人公たちの今後が気になるのですが、続編の可能性は?」と問われた北川監督は「ないです。成長の物語ではなくて、ある“季節”を切り取りたいと思っているんですね。一番きれいな瞬間とか、心が痛い時を切り取りたいと思っているんです」と作品に対する想いを語り、「初めての映画でちょっと自慢できるところがあるとしたら、岡田くんや、きいちゃん、溝端くんのステキなところを切り取れているんじゃないかな」と初監督作の完成度に自信を見せていた。

『ハルフウェイ』
公開中

このページ「北乃きいも絶句! 『ハルフウェイ』初日に北川監督が大ボケ|チケットぴあ」上部へ
「北乃きいも絶句! 『ハルフウェイ』初日に北川監督が大ボケ」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
アフィリエイト募集ぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.