チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

ドラフト会議、6球団指名の菊地は西武に! 長野は念願の巨人入り 2009/10/29 21:40配信

当たりくじをファンに向ける西武・渡辺監督

当たりくじをファンに向ける西武・渡辺監督

「プロ野球ドラフト会議 supported by TOSHIBA」が29日、都内で開催され、高校NO.1投手として大きな注目を集めた菊池雄星(花巻東高)は西武が交渉権を獲得した。

最速150km台のストレートを武器に将来のエース候補と言われる菊地を巡って、日本ハム、中日、楽天、ヤクルト、阪神、西武の6球団が1順目で指名。当たりくじを引いた瞬間思わずガッツポーズで喜びを表した西武の渡辺監督は、「素直に嬉しい。スピードはもちろん、投手に一番大事なバッターに向かっていく姿勢は(ドラフト対象選手の中で)一番だと思う。10年、20年に1人の逸材なので、しっかり育てたい」とコメントした。

抽選で外れた5球団は、日本ハムが中村勝投手(春日部共栄高)、中日が岡田俊哉投手(智弁和歌山高)、楽天が戸村健次投手(立大)、ヤクルトが中澤雅人投手(トヨタ自動車)、阪神が二神一人投手(法大)をそれぞれ1位で指名した。

このほか、ホンダの長野久義外野手は3度目のドラフトで念願が叶い、巨人が交渉権を獲得。横浜は高校通算69本塁打の横浜高・筒香嘉智内野手、ロッテはトヨタ自動車・荻野貴司外野手、広島が今年の選抜高校大会の優勝投手、清峰高の今村猛、オリックスが日本文理大・古川秀一投手、ソフトバンクが明豊高・今宮健太内野手の交渉権を獲得した。

今回のドラフト会議は史上初めて1000人のファンが抽選で招待され、WBC優勝トロフィーの展示やドラフトの歴史を振り返るFUNミュージアムも開催された。

  • 当たりくじをファンに向ける西武・渡辺監督
  • インタビューに応える渡辺監督
  • 菊池雄星は6球団が指名
  • 1順目最初の各球団の指名選手
  • ドラフト会議の様子
  • FUNミュージアム
  • FUNミュージアム
  • プロ野球ドラフト会議 supported by TOSHIBA
このページ「ドラフト会議、6球団指名の菊地は西武に! 長野は念願の巨人入り|チケットぴあ」上部へ
「ドラフト会議、6球団指名の菊地は西武に! 長野は念願の巨人入り」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
アフィリエイト募集ぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.