チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

ひとつの家族を通してあぶり出される、現代のさまざまな“戦い” 2010/6/24 11:11配信

新国立劇場演劇『エネミイ』 稽古場より。撮影:細野晋司

新国立劇場演劇『エネミイ』 稽古場より。撮影:細野晋司

チケット購入

モダンスイマーズの蓬莱竜太書き下ろしによる新作『エネミイ』が、東京・新国立劇場にて、7月1日(木)より上演される。その稽古場を訪れたのは、初日まであと10日余りに迫った6月下旬。キャストは全7名で、いずれも舞台経験豊富な役者がそろう。ちなみにタイトルの“エネミイ”とは、“敵”という意味。「人はなぜ戦うのか」をテーマにしつつも、現代が舞台の本作には、善悪の分かりやすい“敵”は存在しない。だからこそそこには妙なリアルさがあり、現代をえぐり出す蓬莱の着眼点にドキリとさせられる。

まず稽古場から響いてきたのは、高橋長英、林隆三、瑳川哲朗という大ベテラン3人の高らかな笑い声。その会話の輪に、高橋由美子や高橋一生、粕谷吉洋が思い思いに加わっていく。稽古場の一角には、黙々とフラメンコの練習をする梅沢昌代の姿も。そこには大人の稽古場らしい、非常にいい距離感と緊張感が漂っている。と、稽古場に演出の鈴木裕美が到着。冒頭、直木夫妻(高橋(長)、梅沢)の長男・礼司と、彼の悪友・山田のシーンから稽古が始まる。

高橋(一)演じる礼司は、イマドキのフリーターで、覇気がなく、すべてに流され、でもどこか冷静な視点も持つ人物。高橋(一)という役者は、こういった役柄を捉える感度が抜群に鋭い。演技の中に笑いのネタを細かく仕込んでいくのは、山田役の粕谷。鈴木はそんな粕谷のアイデアにOKサインを送りつつも、自ら見本を示し、繰り返し動きの確認を行う。「もっとあったま悪い感じ(笑)」「もうちょっとワクワク君を入れて」など、鈴木が演出に用いる言葉は独特だが、演じる側にとっては非常に分かりやすい、そんな印象を受けた。

次に登場するのは、間もなくアラフォーの礼司の姉・紗江。これまたイマドキの、結婚出来ない女だが、高橋(由)が演じることで2倍、3倍にキャラクターの面白みが増していく。さらにその心の流れを丁寧に汲み取り、動きのひとつ、目線のひとつにまでこだわる鈴木。そしてその意図を瞬時につかむ高橋(由)。シーンはあっという間に厚みを帯びていった。

そんな直木家を突如訪れたのが、林と瑳川演じる瀬川と成本。父の友人だと言うふたりだが、そこにはある種のKY的な、もしかするともっと嫌な何かを感じさせる雰囲気がある。鈴木はここでも台本を深く読み込み、声のトーンや間について明確に指示。鈴木のビジョンは鮮明で、だからこそ役者はさまざまな演技の可能性を探ることが出来る。この稽古場を豊かにしているのは、そんな演出家と役者の幸福な関係性。そしてその完成作を観る観客にとっても、何かを考えさせてくれる、非常に豊かな演劇体験になることは間違いないだろう。

公演は7月1日(木)から7月18日(日)まで、東京・新国立劇場 小劇場で上演。チケットは現在発売中。

取材・文:野上瑠美子

  • 新国立劇場演劇『エネミイ』 稽古場より。撮影:細野晋司
  • 新国立劇場演劇『エネミイ』 稽古場より。撮影:細野晋司
  • 新国立劇場演劇『エネミイ』 稽古場より。撮影:細野晋司
  • 新国立劇場演劇『エネミイ』 稽古場より。撮影:細野晋司
  • 新国立劇場演劇『エネミイ』 稽古場より。撮影:細野晋司

ひとつの家族を通してあぶり出される、現代のさまざまな“戦い”の関連アーティスト

  • 梅沢昌代 お気に入りに登録
  •  

  • 粕谷吉洋
  • 瑳川哲朗 お気に入りに登録
  •  

  • 鈴木裕美(演出家) お気に入りに登録
  • 高橋一生 お気に入りに登録
  •  

  • 高橋長英 お気に入りに登録
  • 高橋由美子 お気に入りに登録
  •  

  • 林隆三
  • 蓬莱竜太 お気に入りに登録
  •   
    お気に入りに登録を押すとお気に入り登録され、チケット情報がGETできます。
    このページ「ひとつの家族を通してあぶり出される、現代のさまざまな“戦い”|チケットぴあ」上部へ
    「ひとつの家族を通してあぶり出される、現代のさまざまな“戦い”」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
    プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
    アフィリエイト募集ぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

    チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

    Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.