チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

今井雅之が「生と死」という重厚なテーマを扱う新作舞台で全国公演 2010/6/30 17:33配信

今井雅之

今井雅之

チケット購入

神風特攻隊を描いた代表作『THE WINDS OF GOD』を21年の長きにわたり上演し続け、多くの人に感動を与えてきた今井雅之が新作舞台『手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~』を発表。全国での上演を前に6月25日、福岡市内で記者会見が行われ、意気込みを語った。

「『THE WINDS OF GOD』は昨年を最後ということにして、新作に取り組み始めましたが、21年の間の経験がなかったらこの作品は書けなかったと思います。テレビドラマ化や映画化、海外での上演とたくさんの評価を頂いた一方、“特攻隊の話”というだけで受け入れてもらえないという事実もありました。そこに湧き上がった疑問から歴史を調べると、世界中の宗教にたどり着いたんです。いろんな神様がいて、思想がある。批判ではなくて「神とはいったい何ぞや!?」という疑問が、いつかこういう話を書いてみたいな……という思いと結びついて今回の新作になりました」

今井が原作、脚本、演出、主演を務める新作は、「生と死」という重厚なテーマをモチーフとした作品。軽度の知的障害を背負った主人公・真人が兵庫県の姫路から伊勢神宮まで、自分探しの旅に出る。旅の途中で出会うひとりの女性・麗子の姿に、幼なじみで妻だった咲楽の面影を見た真人は、過去を回想し、人生や宇宙、神を彼なりに突き詰めていく・・・。

「“手をつないでかえろうよ”って、自分のこの(いかつい)顔には相応しくない題名なんですが(笑)、今回はロードムービーというかロードステージ。真人が運転する車の中で、乗り込んで来た女性・麗子との会話から舞台は始まります。伊勢神宮に向かうにつれ徐々に不思議なことが彼の周りに起こり始め、麗子を通じて、中学生から49歳までを回顧しながら、自分とは、生きることとは……と様々なことを考えていく旅の物語です。時間を行ったり来たりする舞台上の表現や演出も楽しんで欲しいですね。温かい気持ちになる芝居ですので楽しみにしていてください」

「あっと驚くラストシーン」も準備しているという本作、作者自ら「“THE WINDS OF GODパート2”と言える作品」と語る意欲作だけに、多くの感動を巻き起こしてくれるに違いない。

9月1日(水)の宮城公演を皮切りに、愛知、京都、愛媛、鹿児島、福岡、広島、大阪、香川、兵庫、東京にて、全11か所21公演上演される。チケットはいずれも発売中

  • 今井雅之
  • 今井雅之

今井雅之が「生と死」という重厚なテーマを扱う新作舞台で全国公演の関連アーティスト

  • 秋山実希(女優)
  •  

  • 今井雅之
  • 江藤聖矢
  •  

  • 及川いぞう
  • 重松隆志
  •  

  • 田崎那奈
  • 豊島侑也
  •   
    このページ「今井雅之が「生と死」という重厚なテーマを扱う新作舞台で全国公演|チケットぴあ」上部へ
    「今井雅之が「生と死」という重厚なテーマを扱う新作舞台で全国公演」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
    プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
    アフィリエイト募集ぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

    チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

    Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.