チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。 会員登録はこちら

ピアニストの登竜門「ショパン・コンクール」は45年ぶりの女性優勝! 2010/10/21 14:20配信

ユリアンナ・アヴデーエワ(第16回ショパン国際ピアノ・コンクール第1位)

ユリアンナ・アヴデーエワ(第16回ショパン国際ピアノ・コンクール第1位)

チケット購入

ポーランド・ワルシャワで行われた「第16回ショパン国際ピアノ・コンクール」は、現地時間10月20日深夜23時50分頃に最終審査の結果が発表。ロシア人の女性ピアニスト、ユリアンナ・アヴデーエワが優勝を果たした。

ショパン国際ピアノ・コンクールは、世界で最も権威あるコンクールとして知られている。1927年の第1回開催以来、数多くの名ピアニストを輩出しており、歴代優勝者はマウリツィオ・ポリーニ、マルタ・アルゲリッチ、クリスチャン・ツィメルマン、スタニスラフ・ブーニンなど錚々たるピアニストたちが名を連ねる。また歴代の日本人入賞者も、中村紘子、内田光子、小山実稚恵、横山幸雄など世界的名手が多数。

ショパン生誕200周年ということでひと際注目を集めた今回のコンクールでは、ロシアのユリアンナ・アヴデーエワが優勝。女性のショパン・コンクール優勝は、1965年のマルタ・アルゲリッチ以来45年ぶりの快挙となった。

第2位はルーカス・ゲニューシャス(ロシア/リトアニア)とインゴルフ・ヴンダー(オーストリア)、第3位はダニール・トリフォノフ(ロシア)と、上位はロシア勢が健闘。日本勢は惜しくも予選で落選となった。

そして、今回のショパン・コンクールの最終審査結果を受け、来年1月には入賞者たちが早くも来日。「第16回ショパン国際ピアノ・コンクール2010 入賞者ガラ・コンサート」が全国各地で開催される。チケットは北海道公演が発売中。東京公演が10月24日(日)10時より発売となる。


◆第16回ショパン国際ピアノ・コンクール2010 最終審査結果
第1位 ユリアンナ・アヴデーエワ(25歳・ロシア) ソナタ賞
第2位 ルーカス・ゲニューシャス(20歳・ロシア/リトアニア) ポロネーズ賞
第2位 インゴルフ・ヴンダー(25歳・オーストリア) 幻想ポロネーズ賞(新設)、コンチェルト賞
第3位 ダニール・トリフォノフ(19歳・ロシア) マズルカ賞
第4位 エフゲニー・ボジャノフ(26歳・ブルガリア)
第5位 フランソワ・デュモン(25歳・フランス)
第6位 該当者なし


◆第16回ショパン国際ピアノ・コンクール入賞者ガラ・コンサート
2011年
1月16日(日)仙台/東京エレクトロンホール宮城
1月18日(火)福岡/福岡シンフォニーホール
1月19日(水)大阪/ザ・シンフォニーホール
1月22日(土)東京/オーチャードホール
1月23日(日)東京/オーチャードホール
1月24日(月)名古屋/愛知県芸術劇場 コンサートホール
1月26日(水)札幌/札幌コンサートホールKitara

  • ユリアンナ・アヴデーエワ(第16回ショパン国際ピアノ・コンクール第1位)
  • ルーカス・ゲニューシャス(第16回ショパン国際ピアノ・コンクール第2位)
  • インゴルフ・ヴンダー(第16回ショパン国際ピアノ・コンクール第2位)
  • ダニール・トリフォノフ(第16回ショパン国際ピアノ・コンクール第3位)
  • エフゲニー・ボジャノフ(第16回ショパン国際ピアノ・コンクール第4位)
  • フランソワ・デュモン(第16回ショパン国際ピアノ・コンクール第5位)

ピアニストの登竜門「ショパン・コンクール」は45年ぶりの女性優勝!の関連リンク

このページ「ピアニストの登竜門「ショパン・コンクール」は45年ぶりの女性優勝!|チケットぴあ」上部へ
「ピアニストの登竜門「ショパン・コンクール」は45年ぶりの女性優勝!」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
アフィリエイト募集広告のお問い合わせぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.