チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

映画『唐山大地震』の監督が神戸の人と防災未来センターで献花 2011/1/19 15:22配信

元兵庫県知事の貝原俊民氏と会談するフォン・シャオガン監督

昨年の7月に中国で公開され、歴代最高興収記録を樹立した映画『唐山(とうざん)大地震』が、3月26日(土)から公開されるにあたり、フォン・シャオガン監督が、阪神・淡路大震災の発生からちょうど16年目となる17日に神戸を訪れ、「人と防災未来センター」で神戸の人たちとともに慰霊献花に参加。震災時に兵庫県知事だった貝原俊民(かいはら・としたみ)氏(現 ひょうご震災記念21世紀研究機構 理事長)を表敬訪問した。

アカデミー賞外国語映画賞の中国代表作品に選ばれた本作は、1976年に実際に起こった“唐山大地震”で震災にあったある家族の32年間を描いたヒューマン大作。本国で2000万人が感涙したことから“催涙弾映画”とも呼ばれている。

中国国内において初めて総興行収入10億元(130億円)を超えたフォン監督は、中国のスピルバーグと評されるほどの人物。本作を作るにあたり、唐山市、唐山の人々の「地震を風化させてはいけない」という思いに感動したというフォン監督は、「阪神・淡路大震災後、行政・市民が一丸となって早い復興をとげた神戸も、人々の『もう一度、あの街を、みんなで』という強い思いがあったと聞き、日本に行くならばその神戸の街を見たい。17日に訪れ、慰霊・献花をしたい」という希望があったことから来日が実現。阪神・淡路大震災当時、県知事だった貝原理事長が、過去に唐山市を訪問しているということもあり、今回の表敬訪問となった。

会談で、四川大地震への神戸市の援助に謝意を述べたフォン監督に対し、貝原理事長は、「自然災害は、人に大きな試練を与える。映画で描かれた、その苦難に立ち向かおうとする人間の姿、家族の絆に本当に感動しました。私も唐山大地震から20年経った唐山市へ行ったことがありますが、素晴らしく発展した唐山市の復興は、神戸市に大きな勇気を与えてくれたと思う」と語った。

また来日会見で、フォン監督は「一度、傷つけられた人間の心の復興は難しい。人間の感情の復興が大きなテーマ」とコメントし、被災者の心情を描くにあたって気をつけた点については、「何かの言葉で助けてあげることはできない。我々にできることは、とにかく彼らの話すことを聞いて、理解してあげること。そうするようにしていました」と語っていた。

『唐山大地震』
2011年3月26日(土)ロードショー

(C)2010 Tangshan Broadcast and Television Media Co. Ltd. Huayi Brothers Media Corporation Media Asia Films (BVI) Limited All Rights Reserved.

映画『唐山大地震』の監督が神戸の人と防災未来センターで献花の関連リンク

このページ「映画『唐山大地震』の監督が神戸の人と防災未来センターで献花|チケットぴあ」上部へ
「映画『唐山大地震』の監督が神戸の人と防災未来センターで献花」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
アフィリエイト募集広告のお問い合わせぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.