チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

“映画館”は新メディア!? いとうせいこうが持論を展開 2011/1/24 10:17配信

映画『デュー・デート』公開記念番組に出演したわたなべりんたろう、いとうせいこう、石田紗英子

映画『デュー・デート~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断』の日本公開を記念した特別番組「大激論!ビバ・コメディ」が21日夜にニコニコ生放送で行われ、クリエイターのいとうせいこうと、映画ライターのわたなべりんたろう、タレントの石田紗英子が登壇した。

『デュー・デート…』は、初のベビー誕生を5日前に控えたピーター(ロバート・ダウニーJr.)と、役者の卵イーサン(ザック・ガリフィアナキス)がトラブル連続の全米横断の旅を繰り広げるロードムービー。

いとう氏は本作について「主演ふたりは21世紀版“道中もの”の名コンビ。王道と現代っぽさがあり、ジーンともさせる」と語り、本作の監督であるトッド・フィリップスの出世作『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』の日本公開署名運動の発起人であるわたなべは「『ハングオーバー!』の出演者もカメオ出演している」とコメントした。また、当日は夏公開の『ハングオーバー2』場面写真が初公開され、前作のキャラクターたちが情勢不安の続くタイの空港で並んでいる場面や、服を着た猿の画像などが披露された。

『デュー・デート…』は、26年続いた映画館シネセゾン渋谷のクロージング作品だが、相次ぐ老舗単館の閉館に、いとうとわたなべは「映画界にも“ねじれ現象”が起きている。低予算でセンスの良い作品になかなか目がいっていない」といい、いとうは「映画館でみんなで観る体験はメディアとして新しい。思わぬところで笑ったり、みんなで観るから感動することもある」と持論を展開。わたなべは「映画の拡大公開が決まるかは、公開初日と2日目の動員数で決まる。その日にぜひ劇場に足を運んでほしい」と視聴者に呼びかけた。

『デュー・デート~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断』
公開中
(C)2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

“映画館”は新メディア!? いとうせいこうが持論を展開の関連アーティスト

  • いとうせいこう お気に入りに登録
  •   
    お気に入りに登録を押すとお気に入り登録され、チケット情報がGETできます。
    このページ「“映画館”は新メディア!? いとうせいこうが持論を展開|チケットぴあ」上部へ
    「“映画館”は新メディア!? いとうせいこうが持論を展開」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
    プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
    アフィリエイト募集ぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

    チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

    Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.