チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

大画面で観たい! 『エンジェルウォーズ』新画像が公開 2011/4/6 15:00配信

『エンジェル ウォーズ』アクションバナー画像 (C)2011 WARNER BROS. ENTERTAINENT INC. AND LEGENDARY PICTURES

チケット購入

『300』『ウォッチメン』のザック・スナイダー監督の最新作『エンジェルウォーズ』の最新ビジュアルとオンライン版予告編動画が公開された。

『エンジェルウォーズ』は、何らかの理由で精神病院に幽閉されたしまった主人公が、現実の制約から解き放たれ、想像の世界で“真の自由”を求めて闘いを繰り広げる物語。

このほど公開された画像は“アクションバナー”と呼ばれるキャラクターそれぞれをフィーチャーした5枚の画像。日本のセーラー服を模したデザインのコスチュームに日本刀と拳銃を手にしたブロンドの美女“ベイビードール”を筆頭に、ブロンディ、ロケット、アンバー、スイートピーといったルックスもタイプも異なる5人のキャラクターが登場している。

また公開されたオンライントレーラーは、すでに公開されていた予告編に登場した映像を基にしながら、新映像を追加し、さらにスタイリッシュに編集したもの。映像のいたる場面に日本の映画やコミック、ビデオゲームからの影響を伺わせるデザインが散りばめられているが、スナイダー監督は「日本のサムライ映画が大好きで、黒澤明監督の作品は特に素晴らしい! アニメは『宇宙戦艦ヤマト(STAR BLAZERS)』『AKIRA』『APPLESEED』『攻殻機動隊(GHOST IN THE SHELL)』なども興味深いね。『BLOOD THE LAST VAMPIRE』のキャラクターデザインを手掛けた寺田克也さんに興味がある」とコメント。本作はそこにドイツなどのミリタリーデザインやフランス製のコミックなどの意匠を巧みに取り込んで、独自の映像世界を構築しており、誰もが大画面で観たくなる“視覚の快楽”にあふれた作品に仕上がっているようだ。

『エンジェルウォーズ』
4月15日(金)より丸の内ピカデリー他全国ロードショー
(C)2011 WARNER BROS. ENTERTAINENT INC. AND LEGENDARY PICTURES

このページ「大画面で観たい! 『エンジェルウォーズ』新画像が公開|チケットぴあ」上部へ
「大画面で観たい! 『エンジェルウォーズ』新画像が公開」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
アフィリエイト募集ぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.