チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

今こそ野外へ! “非・劇場”を考える『フェスティバル/トーキョー』、開幕目前 2011/9/13 昼12:00配信

維新派

維新派『風景画-東京・池袋』

チケット購入

『フェスティバル/トーキョー』(以下F/T)の開幕が目前に迫った。2009年春、2009年秋、2010年秋に続いて4度目の開催となる今回は、9月16日(金)から11月13日(日)の長期にわたり、〈F/T主催作品〉全7演目、アジア全域に募集対象を広げた〈F/T公募プログラム〉全11演目の上演のほか、シンポジウムや劇評コンペなど、舞台表現を多角的に見つめ直す趣向が数多く用意されている。その概略について、相馬千秋F/Tプログラム・ディレクターに話を訊いた。

「震災を経て痛感したのは、戦後の発展のために日本が代償にして見て見ぬふりをしてきたものを、もう一度とらえ直す必要があるということ。アーティストの方々ともそのことについて話し合いを重ねました」。結果、掲げられたのが、“私たちは何を語ることができるのか?”というテーマだった。その点で、最初の3演目がいずれも野外劇であることの意味は大きい。「周囲の環境や天候に左右されやすい。でも、そういう条件さえも味方につけることで、通常では起こり得ない想像力の飛躍が見られることに期待しています」。

オープニングを飾る野外劇『宮澤賢治/夢の島から』は、飴屋法水の構成・演出による『じ め ん』と、イタリアのロメオ・カステルッチの構成・演出による『わたくしという現象』の2本立て公演で、都立夢の島公園内の多目的コロシアムが会場となる。「ロメオは、“こういうときだからこそ日本でやりたい”と言ってくれたんです。例年通り、〈公募プログラム〉に参加するアジアの4演目など、海外から招くアーティストも多いのですが、幸いなことに上演をキャンセルされるケースはありませんでした」。

ほかにも、維新派による東京での20年ぶりの野外公演、キャラバンカーで都内各所を移動しながら展開するPortBの『Referendum-国民投票プロジェクト』、秋葉原の雑居ビルを使って展示形式で行われるカオス*ラウンジの『カオス*イグザイル』など、“非・劇場”で展開する演目が多い。「観劇の快楽を得るために、自らの身体や行動に負荷をかけなければならないですよね、“非・劇場”では。劇場に慣れた観客の意識を揺さぶりたいと思います」。チケット発売中(一部をのぞく)。

  • 維新派
  • 飴屋法水
  • ロメオ・カステルッチ
  • カオス*ラウンジ
  • 相馬千秋

今こそ野外へ! “非・劇場”を考える『フェスティバル/トーキョー』、開幕目前の関連リンク

今こそ野外へ! “非・劇場”を考える『フェスティバル/トーキョー』、開幕目前の関連アーティスト

  • 飴屋法水 お気に入りに登録
  •  

  • 維新派
  • 岡崎藝術座
  •  

  • 神里雄大 お気に入りに登録
  • 黒瀬陽平
  •  

  • 白井剛
  • ジェローム・ベル
  •  

  • 松本雄吉
  • 宮沢章夫 お気に入りに登録
  •  

  • 遊園地再生事業団 お気に入りに登録
  • ルネ・ポレシュ
  •  

  • ロメオ・カステルッチ
  • お気に入りに登録を押すとお気に入り登録され、チケット情報がGETできます。
    このページ「今こそ野外へ! “非・劇場”を考える『フェスティバル/トーキョー』、開幕目前|チケットぴあ」上部へ
    「今こそ野外へ! “非・劇場”を考える『フェスティバル/トーキョー』、開幕目前」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
    プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
    アフィリエイト募集ぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

    チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

    Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.