チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。 会員登録はこちら

東方神起ら豪華アーティストに5万5000人が熱狂 2013/9/2 10:39配信

東方神起

東方神起

エイベックスが主催する野外音楽フェス「a-nation stadium fes.」の東京公演が8月31日と9月1日、東京・味の素スタジアムで開催。初日は東方神起ら全14組のアーティストが5万5000人を熱狂させた。

この日は、東方神起とSUPER JUNIORの韓国出身アーティストの勢いが目立った。特に、トリを飾った東方神起のステージは圧巻。客席が、同フェスのテーマカラーである青から東方神起の赤に一変し、自然と沸き上がる「東方神起」コール。単独公演かと見紛う光景の中、ふたりは『Catch Me -If you wanna-』でエンジンをかけると、会場のボルテージは一気に上昇、大歓声がスタジアムの空に響き渡った。そして、「今日、ヤバイ(最高)ですね! 楽しむ準備はOK?」(ユンホ)とふたりは新曲『SCREAM』(9月4日発売)等、全8曲で気迫のパフォーマンスを展開。『OCEAN』をはじめとするサーマーソングのメドレーでは、それぞれトロッコに乗ってアリーナを回りながら、カラーボールやフリスビーなどを客席にプレゼント。最後は「皆さんとひとつになった気がしてすごく幸せでした」(ユンホ)、「これからも応援してください」(チャンミン)と挨拶し、終わりと見せかけて『Somebody To Love』を披露。会場が一体となってジャンプしながらタオルを振り回し、大盛り上がりだった。

SUPER JUNIORも熱狂のパフォーマンスで魅せた。『SUPERMAN』で会場を荘厳な雰囲気で包んで登場したメンバーは、同フェスへの2年連続出演に感激の様子で「このステージでまた皆さんに会えて、本当に嬉しいです」(リョウク)、「皆さん、ヤバイです!」(キュヒョン)と大はしゃぎ。「皆さん、幸せになる準備は出来ましたか?」(ドンへ)と煽ると、日本初アルバム収録曲『Hero』やヒット曲など全6曲をパフォーマンスし、観客を熱狂の渦に巻き込んだ。

他にも豪華アーティストが顔を揃え、多彩なステージを展開、観客に息をつく暇も与えなかった。トップバッターのgirl next doorは、千紗が腕を天に突き上げ元気いっぱい。YUKAの透明感のある歌声でスタジアムに爽やかな風を運ぶも、『Dreamer Dreamer』で一転、骨太のサウンドを聴かせたmoumoon。灼熱の太陽の下、Do As Infinityは爽やかな風を巻き起こしながら『陽のあたる坂道』などを熱唱。初登場のKREVAはトークで沸かせ、パフォーマンスではグルーヴ感たっぷり。新曲『BESHI』(8月28日発売)や『Na Na Na』で客席と一体となって盛り上がった。「お前ら、愛を歌う気はあんのか?」(持田)といつも通りテンション大爆発で煽って会場をひとつにしたEvery Little Thing。『EZ DO DANCE』などの鉄板メドレーで会場をダンスフロアへと変えたTRF。さらに剛力彩芽やmisono他も登場し、会場を沸かせた。

  • 東方神起
  • SUPER JUNIOR
  • girl next door
  • moumoon
  • Do As Infinity
  • KREVA
  • Every Little Thing
  • TRF
  • 剛力彩芽
  • misono
このページ「東方神起ら豪華アーティストに5万5000人が熱狂|チケットぴあ」上部へ
「東方神起ら豪華アーティストに5万5000人が熱狂」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
アフィリエイト募集広告のお問い合わせぴあ会社案内お問い合わせサイトマップ

チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.