チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。 会員登録はこちら
ニュース詳細

宮崎駿監督「この世は生きる価値がある」引退会見でキャリアの“根幹”語る 2013/9/6 17:44配信

長編映画の製作からの引退を発表した宮崎駿監督が6日、東京・吉祥寺で「引退会見」を行った。会見冒頭、「何度もやめると言って騒がせてきたが、今回は本気です」と宣言した宮崎監督は、これまでのキャリアを振り返り「達成感も後悔もなにも、そういう総括はしてこなかったから…」とコメント。それでも「常に『この世は生きるに値するんだ』という思いが作品の根幹に合った」と自身が作り上げた名作の数々に、思いをはせていた。

会見には宮崎監督をはじめ、鈴木敏夫氏(スタジオジブリ代表取締役プロデューサー)、星野康二氏(スタジオジブリ代表取締役社長)が同席。星野氏が9月1日(現地時間)、第70回ベネチア映画祭コンペティション部門に選出されている最新作『風立ちぬ』の公式会見で、宮崎監督の引退を発表していた。

宮崎監督が、実際に引退を決意したのは『風立ちぬ』が完成した後で「作ってる途中は、死にもの狂いで、この後どうするかなんて考えられない。製作中は完成するのか心配だけで」。ただ、作品づくりに臨む際「年齢的なものもあって、集中できる時間は減ってきた」と決断に至る経緯を明かした。

今後の具体的な活動については「以前からやろうと思っていることがあり、それはアニメじゃありません。実現しなかったらみっともないので、今は言いません」と断言。「文化人にはなりたくない。町工場の親父でいたい」という気持ちがあるといい、今後、製作されるスタジオジブリの長編作品には「関与することはありません」と話していた。

この日は鈴木プロデューサーが、高畑勲監督の最新作『かぐや姫の物語』(11月23日(土)公開)に加えて、「来年夏をめどに、もう1本作っている」と新作の存在も公表し、「ジブリの今後は、今ジブリで働いている人たちが、どう考えているかで決まるんじゃないか」と発言。宮崎監督も「やっと“重石”がいなくなるんだから、若い人の声が鈴木さんに届けばいい。要は彼らの能力、意欲、希望にかかっている」と若い世代に期待を寄せていた。

特に印象に残っている作品は「とげのように心に残っているのは、『ハウルの動く城』。ゲームの世界をドラマで描こうとしたから苦労した」と宮崎監督。報道陣から『風の谷のナウシカ』の続編を希望する声があがると、「ありません!」ときっぱりと語っていた。会見の最後には「長い間、お世話になりました。こういう機会は二度とないと思いますが、ありがとうございました」とあいさつし、長年、タッグを組んできた鈴木プロデューサーと固い握手を交わした。

『風立ちぬ』
公開中

取材・文・写真:内田 涼

(左から)鈴木敏夫プロデューサー、宮崎駿監督

宮崎駿監督「この世は生きる価値がある」引退会見でキャリアの“根幹”語るの関連アーティスト

  • 宮崎駿 お気に入りに登録
  •   
    お気に入りに登録を押すとお気に入り登録され、チケット情報がGETできます。
    ブックマークに登録
    Yahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数 人が登録
    スポンサードサーチ

    このページ「宮崎駿監督「この世は生きる価値がある」引退会見でキャリアの“根幹”語る|チケットぴあ」上部へ
    「宮崎駿監督「この世は生きる価値がある」引退会見でキャリアの“根幹”語る」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
    プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
    アフィリエイト募集広告のお問い合わせぴあ会社案内お問い合わせサイトマップ

    チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

    Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.