チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。 会員登録はこちら

吉永小百合『ふしぎな岬の物語』2冠快挙を報告 2014/9/17 昼12:24配信

(左から)成島出監督、笑福亭鶴瓶、吉永小百合、阿部寛、竹内結子

チケット購入

第38回モントリオール映画祭で2冠を達成した『ふしぎな岬の物語』の凱旋会見が16日に東京国際フォーラムで開催され、主演を務める吉永小百合をはじめ、阿部寛、竹内結子、笑福亭鶴瓶、成島出監督が出席した。

ワールド・コンペティション部門で審査員特別賞、キリスト教関連団体が贈るエキュメニカル審査員賞をダブル受賞。初プロデュースも手がけた吉永は、「夢のような時間を過ごした。新米プロデューサーの私がこんな幸せでいいのだろうかと思うほど。暖かな心に響く映画にしたいという、現場の願いが届いた」と改めて喜びを実感していた。

また、吉永とともに現地入りしていた阿部は、「とても日本的な物語だが、向こうの皆さんの反応がとても良くて。朝ごはんを食べるホテルのビュッフェや、エレベーターで記者の皆さんが声をかけてくださった」と受賞結果の発表を前に、すでに手応えを感じていたという。それだけに「壇上で吉永さんの後ろ姿を見られて、何より嬉しかった。ふたつの賞をいただき、役者人生の力になります」と誇らしげだった。

本作は、森沢明夫著の『虹の岬の喫茶店』をモチーフに、岬でカフェを営む悦子(吉永)と、そこに集う人々の温かくも切ないドラマが綴られる。『八日目の蝉』で第35回日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞した成島監督は、受賞の一報を受け取り「監督という立場を忘れて、万歳してしまった」といい、「人と人の絆や『ひとりじゃないから大丈夫』というメッセージが、海を渡り、大きな虹がかかった」とこちらも喜びを再確認。「吉永さんが現場の中心にいてくださったおかげで、みんなが岬村の住人になれた」と感謝を表した。

会見後に同会場で行われたジャパンプレミアには、本作のために、杉田二郎、堀内孝雄らが結成した新ユニット“ブラザーズ5”と、メインテーマ曲『望郷』を手がけた人気ギタリストの村治佳織が駆けつけ、ライブを披露した。

『ふしぎな岬の物語』
10月11日(土)全国ロードショー

取材・文・写真:内田 涼

このページ「吉永小百合『ふしぎな岬の物語』2冠快挙を報告|チケットぴあ」上部へ
「吉永小百合『ふしぎな岬の物語』2冠快挙を報告」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
アフィリエイト募集広告のお問い合わせぴあ会社案内お問い合わせサイトマップ

チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.