チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。 会員登録はこちら

高橋一生、白井晃演出舞台で目指す美しく凄惨な愛 2014/12/11 18:30配信

高橋一生

高橋一生

チケット購入

そこは暴力や憎悪がはびこる凄惨な世界だが高橋一生は「美しい舞台になるはず。そこだけは確信を持っています」と語る。演出・白井晃の生み出す舞台『マーキュリー・ファー』の世界に飛び込むことに恐怖も不安もない。「いろんな感情が希薄になりがちな社会において、僕も含め現代を生きる人間が必要としている感覚に出会う瞬間があると思います」とうなずく。

英国の作家フィリップ・リドリーによる戯曲の本邦初演。人間の本能をさらけ出し“第二のデヴィッド・リンチ”とも評される彼の面目躍如とも言える作品で、ある“パーティ”の準備をする兄弟とそこに集まる人々の物語が展開する。

暴力的でグロテスクな描写の中から高橋が感じたのは本質的かつ普遍的な“愛”。 「この兄弟愛ってすごく野性的で普遍的。動物がじゃれ合うように、傷つけることでしか表現できない愛ってあると思うんです。先行して凄惨な描写があるけど、その内側に『透明な暴力』というか、心臓が見えている状態で殴られるような感覚を秘めているホンですね」。

リドリーはイラク戦争に対する怒りを込めて本作を書いたと演出・白井晃が語るように、随所に様々なメタファーが見られるが、高橋は「兄弟が巻き込まれていく現実が、決して自分たちと遠いものとは思わない」とも。「内なるところで僕らは既に“戦争”を抱えていて、それはもしかしたらイラクの戦争よりも残酷かもしれない。僕のこれまでの三十数年の体感として持っている戦争のイメージをイラクに飛躍させることはできないけど、そうせずとも戦々恐々とした感覚はいまの僕の中にあるはず。その感覚をまずは舞台上で試してみたいと思います」。

演出の白井とは2012年の『4 four』(作・川村毅)以来2度目の仕事となるが、「美」への確信は白井の存在があるゆえ。絶対的な信頼を持った上で、前回、完全な“合致”を見せた互いの感性を「溶け合わせたい」とも。「白井さんが言う“白”にあえて違う“白”をぶつけて溶けあわせたらどうなるか? 白井さんとならそうやって別次元に進める気がします。

今年は大河ドラマをはじめ、映像での露出も多かったが、TVの中とは全く違う姿を舞台上で見せてくれそうだ。「作品を観たあとの感想は『分からなかった』でもいいと思う。いまの時代、分からないまま放置することが難しくなっているけれど、時間をかけて咀嚼してもらって、いつかふとした瞬間に『あぁ、そういうことか!』と感じてもらえたらいいなと思います」。

舞台は2月1日(日)より東京・シアタートラムにて。その後、兵庫・福岡でも公演。チケットの一般発売は12月14日(日)午前10時より。

撮影・取材・原稿:黒豆直樹
スタイリスト:秋山貴紀
ヘアメイク:Tetsuya Mori

  • 高橋一生
  • 高橋一生
  • 高橋一生

高橋一生、白井晃演出舞台で目指す美しく凄惨な愛の関連リンク

高橋一生、白井晃演出舞台で目指す美しく凄惨な愛の関連アーティスト

  • 小川ゲン
  •  

  • 小柳心 お気に入りに登録
  • 白井晃 お気に入りに登録
  •  

  • 瀬戸康史 お気に入りに登録
  • 高橋一生 お気に入りに登録
  •  

  • 千葉雅子 お気に入りに登録
  • 中村 中 お気に入りに登録
  •  

  • 半海一晃 お気に入りに登録
  • フィリップ・リドリー
  •  

  • 水田航生 お気に入りに登録
  • お気に入りに登録を押すとお気に入り登録され、チケット情報がGETできます。
    このページ「高橋一生、白井晃演出舞台で目指す美しく凄惨な愛|チケットぴあ」上部へ
    「高橋一生、白井晃演出舞台で目指す美しく凄惨な愛」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
    プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
    アフィリエイト募集広告のお問い合わせぴあ会社案内お問い合わせサイトマップ

    チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

    Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.