チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。 会員登録はこちら

梅棒がミュージカル界に新たな波を起こす 2015/1/6 17:22配信

梅棒

梅棒

チケット購入

J-POPに乗って、ジャズダンスやヒップホップなどエネルギッシュなダンスをストーリー仕立てで繰り広げる、男だけのダンスエンターテインメント集団・梅棒。今回、ミュージカル「ボンベイドリームス」で梅棒の伊藤今人、梅澤裕介、鶴野輝一、塩野拓矢、櫻井竜彦、楢木和也6人のメンバーが振付を手掛け、出演する。ミュージカルは初挑戦となる彼らに意気込みを聞いた。

「僕らの公演は、一曲一曲のストーリーを考えて、ダンスとして表現していく。例えばイベントに出るときは、一曲だけの物語を考えるのですが、劇場公演をするときは、全体的に一貫した物語を作る。ミュージカルと通ずるところは多いですし、やりやすいのではないかと思います」と主宰の伊藤は話す。

「ボンベイドリームス」はアンドリュー・ロイド=ウェバーがプロデュースした作品で、インドの人気作曲家、A.R.ラフマーンの楽曲が魅力。「聞くと、思っていた以上にインドでしたね(笑)。でもインドといっても伝統的な音楽ではなく、ポップスなので、それをどう解釈して振り付けるかです。インド舞踊を意識するよりは、ヒップホップやジャズダンスをどう合わせていくかという方向になると思います」(塩野)。「原作にしばられず梅棒らしさを出したい。僕らは技術を超越したパッションや表現力、キャッチ―な動き、物語とどうリンクして踊るのかというのが強み。技術の高さだけではなく、こんな踊りがあるんだ!と、新しいダンスやミュージカルの振り付けだと感じてもらえれば。梅棒がミュージカル界に新たな波を立てられればいいですね」(伊藤)。

インドの映画界、ボリウッドを舞台に、スラムで育ち、映画スターを夢見る青年(浦井健治)を描く。「純粋な青年がのし上がり、挫折して、大事なものに気づくというストーリーは常に梅棒がやっていることではあるんです。内容にものすごく親近感がわきますね。インドの階級制度や差別にはなじみがないので、勉強して想像し、表現に盛り込んでいかなくてはいけない。」(伊藤)。さらに、アンサンブルとして出演もする。「色んな場面に登場しますが、6人のうち3人はおかまの役もします(笑)」(伊藤)。「この面子だから、よくも悪くも見ていてうるさいと思うんです。こいつらまた出て来た、あいつらまた来ちゃうよと(笑)」(梅澤)。6人で200人分を演じて踊るつもりだという。彼らのミュージカルのデビュー戦が待ち遠しい。

公演は1月31日(土)から2月8日(日)まで東京国際フォーラム ホールC、2月14日(土)・15日(日)に大阪・梅田芸術劇場 メインホールにて上演。両公演ともに、通常のチケットに加えて、お得な特典付チケットも発売中。

取材・文:米満ゆうこ

  • 梅棒
  • 梅棒
このページ「梅棒がミュージカル界に新たな波を起こす|チケットぴあ」上部へ
「梅棒がミュージカル界に新たな波を起こす」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
アフィリエイト募集広告のお問い合わせぴあ会社案内お問い合わせサイトマップ

チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.