チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。 会員登録はこちら

Nao Yoshiokaツアー終幕!夢は次の舞台へ 2015/11/27 14:40配信

Nao Yoshioka 撮影:Tsuneo Koga

Nao Yoshioka 撮影:Tsuneo Koga

チケット購入

9月に初の全国ツアーをスタートした女性ソウルシンガーのNao Yoshiokaが、11月21日に東京・イイノホールでファイナル公演を開催。約3か月をかけて13都市を巡り、大きく成長したライブステージで観客を魅了した。

本ツアーは、4月にリリースしたメジャーデビューアルバム『Rising』のリリースツアー。「ツアーを通して、音楽はみなさんとともに作っていることに気がついた」という彼女の言葉通り、ツアーでの経験が現在の活躍の糧になっているようだ。またこのツアーの一方で、初のニューヨーク・ブルーノートでの単独公演を含むUSツアーを大成功させ、ジャズシンガー、ホセ・ジェイムズのワシントン公演のオープニングアクトを務めるなど、海外でも活躍。さらにアメリカのソウルミュージック専門メディア「SoulTracks.com」の2015年アワード最優秀新人賞にノミネートされるなど、この3か月で彼女を取り巻く状況も様変わりしている。

そんな中で行われたツアー最終日は、バンドセットにコーラス隊、トランペットとサックスのホーン隊を迎えたゴージャスな編成。ピアノの静かな演奏から始まるバラード『Dreams』で幕を開け、美しく響く歌声で観客を魅了した。かと思うと、ジェームス・ブラウンの『I Feel Good』で場内の雰囲気を一変させると、ファンキーソウルの『Love Is the Answer』へと繋げパワフルなハスキーボイスで観客を引っ張っていく。スペシャルゲストとしてイギリスのネオソウルディーヴァ、デブラ・デッブスがライヴ中盤に登場。世界の平和を願い、70年代ソウルの名曲『Wake Up Everybody』をデュエットした。後半は、ピアノの演奏で聴かせるバラード『I Need You』や、ジャジーなR&Bナンバー『Awake』などをしっとりと歌い、『Forget about It』などファンキーなナンバーでは観客を総立ちにさせた。最後はツアー初日の1曲目に歌った『Make the Change』を熱唱。“変化を待つのではなく自ら起こす”という思いを込めたデビュー曲で、まさにこの数か月の活躍を体現している楽曲だ。「今はまだ夢の序章に過ぎません。アーティストとして垣根をこえて行きたい」とさらなる飛躍を宣言すると観客とともに合唱し、幕を閉じた。

年内は、12月10日(木)に大阪・#702 CAFE&DINER なんばパークス店にて”SWEET SOUL LOUNGE in OSAKA”、12月12日(土)に大阪・中之島ダイビル1Fエントランスホールで開催される“DAIBIRU X'mas Funky Music Diner”に出演することが決定している。チケット発売中。

取材・文:門 宏

  • Nao Yoshioka 撮影:Tsuneo Koga
  • Nao Yoshioka 撮影:Tsuneo Koga
  • Nao Yoshioka 撮影:Tsuneo Koga
  • Nao Yoshioka 撮影:Tsuneo Koga
  • Nao Yoshioka 撮影:Tsuneo Koga

Nao Yoshiokaツアー終幕!夢は次の舞台への関連アーティスト

  • NAO YOSHIOKA お気に入りに登録
  •   
    お気に入りに登録を押すとお気に入り登録され、チケット情報がGETできます。
    このページ「Nao Yoshiokaツアー終幕!夢は次の舞台へ|チケットぴあ」上部へ
    「Nao Yoshiokaツアー終幕!夢は次の舞台へ」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
    プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
    アフィリエイト募集広告のお問い合わせぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

    チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

    Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.