チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。 会員登録はこちら

大阪アジアン映画祭のオープニング&クロージング作品が決定 2016/1/29 16:03配信

《第11回 大阪アジアン映画祭》

《第11回 大阪アジアン映画祭》

関西が全国に誇る映画の一大イベント《第11回 大阪アジアン映画祭》が、今年も3月4日(金)から13日(日)まで大阪市内の映画館やホールにて開催される。本映画祭は、良質なアジア映画の最新作や話題作を多数紹介するだけでなく、国内外から多くのゲストを招くことでも知られており、そのラインナップの発表を待っているファンも多い。そんな中、本日、オープニング作品とクロージング作品がついに決定した。

オープニング作品は、台湾で異例の大ヒットを記録した『湾生回家』(原題:湾生回家/英題:WANSEI BACK HOME)。日本統治時代の台湾で生まれ育ち、日本の敗戦後、強制的に日本に送還された日本人(=湾生)たちが、故郷である台湾に里帰りし、懐かしい人々を訪ねる姿を映し出すドキュメンタリーで、当事者たちやその時代を知る年配の方だけでなく、一昨年の『KANO~1931海の向こうの甲子園~』に続き、台湾の若者たちの間でも高い評価を得ている作品だ。

クロージング作品は、『横道世之介』などで知られる沖田修一監督が人気俳優、松田龍平を主演に迎えて描くハートフルコメディ『モヒカン故郷に帰る』。数年ぶりに帰郷した、モヒカン頭の売れないバンドマンの息子(松田龍平)が、妊娠した恋人(前田敦子)を連れて、昔堅気の頑固おやじ(柄本明)のもとで奮闘する姿を描く注目作だ。

その他は昨年同様、コンペティション部門、特別招待作品部門、特集企画、インディ・フォーラム部門を柱に、日本初上映となるアジア映画最新作を多数上映。ゲストを交えてのウエルカム・パーティや交流イベント、ティーチイン、トークイベントなどを開催する予定。また、特集企画の内容を含む映画祭の概要、全作品ラインアップについては2月上旬に発表予定。チケットは、2月20日(土)より発売する。

《第11回 大阪アジアン映画祭》
会期:2016年3月4日(金)~13日(日)
会場:梅田ブルク7、ABCホール、シネ・リーブル梅田、第七藝術劇場、他
主催:大阪映像文化振興事業実行委員会(大阪市、一般社団法人大阪アジアン映画祭、大阪商工会議所、公益財団法人大阪観光局、朝日放送株式会社、生活衛生同業組合大阪興行協会)

  • 《第11回 大阪アジアン映画祭》
  • 《第11回 大阪アジアン映画祭》
  • 『湾生回家』
  • 『モヒカン故郷に帰る』

大阪アジアン映画祭のオープニング&クロージング作品が決定の関連リンク

このページ「大阪アジアン映画祭のオープニング&クロージング作品が決定|チケットぴあ」上部へ
「大阪アジアン映画祭のオープニング&クロージング作品が決定」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
アフィリエイト募集広告のお問い合わせぴあ会社案内お問い合わせサイトマップ

チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.