チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。 会員登録はこちら

開場20周年、新国立劇場オペラ 2017/18シーズン発表 2017/1/13 18:20配信

写真中央:飯守泰次郎(新国立劇場オペラ芸術監督)

写真中央:飯守泰次郎(新国立劇場オペラ芸術監督)

チケット購入

新国立劇場の2017/2018シーズンのラインアップ発表会が1月12日に同劇場で行われた。

オペラ芸術監督の任期最終年を迎える飯守泰次郎は「4年間にわたる皆さまの力強い応援に深く感謝しています」と挨拶。「20周年にふさわしく、豪華で多彩」というラインアップは全10演目。新制作は3本(うち日本初演は1本)、再演7本。うち2演目は、開場20周年を記念した特別公演として上演される。

シーズンオープニングを飾るのは、新制作の1本目、ワーグナー作曲『神々の黄昏』。飯守芸術監督の任期最初のシーズンより毎年1作品ずつ上演してきた「ニーベルングの指環」四部作がいよいよ完結。前3作品と同様、ドイツの名演出家ゲッツ・フリードリヒによるプロダクション。指揮は飯守芸術監督が務める。

新制作の2本目は日本人作品。「国立のオペラハウスで日本人作品を上演する重要さ」を強調する飯守芸術監督が「念願だった」と語る細川俊夫作曲『松風』。音楽と舞踊、声楽が一体となったコレオグラフィック・オペラである本作は、2011年にベルギー・モネ劇場で初演。すでに欧州では絶賛を博しており、待望の日本初演の実現となる。作曲家自身が最も信頼を寄せるサシャ・ヴァルツの演出・振付による初演プロダクションを上演する。

新制作の3本目は、ベートーヴェン唯一のオペラ『フィデリオ』。演出は、リヒャルト・ワーグナーのひ孫で、現バイロイト音楽祭総監督カタリーナ・ワーグナー。本公演の指揮を務め、長年バイロイト音楽祭で経験を積んだ飯守芸術監督とタッグを組む。ベートーヴェンの深い精神性と高貴な理想を表現した本作は、開場20周年記念特別公演にふさわしい作品といえる。

その他、再演の演目は、『椿姫』(ヴェルディ作曲)、『ばらの騎士』(R.シュトラウス作曲)、『こうもり』(ヨハン・シュトラウス作曲)、『ホフマン物語』(オッフェンバック作曲)、『愛の妙薬』(ドニゼッティ作曲)、『トスカ』(プッチーニ作曲)。2018年4月には、開場20周年記念特別公演のもう1作『アイーダ』(ヴェルディ作曲)を上演。巨匠フランコ・ゼッフィレッリが演出・美術・衣装を手がけ、これまでも人気を博してきたプロダクションがメモリアルイヤーに華を添える。

■新国立劇場開場20周年記念
2017/2018シーズン オペラ ラインアップ
10月 神々の黄昏 (楽劇「ニーベルングの指環」第3日) 【新制作】
11月 椿姫
11~12月 ばらの騎士
1月 こうもり
2月 松風 【新制作・日本初演】
2~3月 ホフマン物語
3月 愛の妙薬
4月 アイーダ【新国立劇場開場20周年記念特別公演】
5~6月 フィデリオ 【新制作/新国立劇場開場20周年記念特別公演】
7月 トスカ

  • 写真中央:飯守泰次郎(新国立劇場オペラ芸術監督)
  • 飯守泰次郎(新国立劇場オペラ芸術監督)

開場20周年、新国立劇場オペラ 2017/18シーズン発表の関連リンク

開場20周年、新国立劇場オペラ 2017/18シーズン発表の関連アーティスト

  • 飯守泰次郎 お気に入りに登録
  •  

  • 新国立劇場合唱団 お気に入りに登録
  • お気に入りに登録を押すとお気に入り登録され、チケット情報がGETできます。
    このページ「開場20周年、新国立劇場オペラ 2017/18シーズン発表|チケットぴあ」上部へ
    「開場20周年、新国立劇場オペラ 2017/18シーズン発表」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
    プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
    アフィリエイト募集広告のお問い合わせぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

    チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

    Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.