チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。 会員登録はこちら

広岡浅子は“そのままの高畑淳子”『土佐堀川』会見 2017/8/25 15:39配信

会見より。前列左から、田村孝裕、葛山信吾、赤井英和、高畑淳子、南野陽子、田山涼成  撮影:石阪大輔

会見より。前列左から、田村孝裕、葛山信吾、赤井英和、高畑淳子、南野陽子、田山涼成  撮影:石阪大輔

チケット購入

10月に開幕する高畑淳子主演の舞台『土佐堀川 近代ニッポン―女性を花咲かせた女 広岡浅子の生涯』。その製作発表が行われ、出演者の高畑淳子、赤井英和、南野陽子、田山涼成、葛山信吾、三倉茉奈、紫とも、篠田光亮、越智静香、演出の田村孝裕が登壇した。

本作は、NHK連続テレビ小説「あさが来た」(15~16年)でもお馴染みの女性実業家・広岡浅子のドラマチックな人生を描く舞台。「あさが来た」の原案でもある古川智映子の小説が原作で、主人公の浅子を高畑が演じる。製作発表は、浅子が「女性にも学問を」という思いから設立に貢献した日本女子大学が会場となり、冒頭では同大学の講師による“広岡浅子ミニ講義”も開かれた。

浅子の波乱万丈の人生を、17歳から亡くなるまで演じる高畑は「最初(十代の頃)はお客さんに特殊眼鏡を渡したいくらいですが(笑)、晩年のほうのシーンはすごくよくて。(脚本を読んでいると)涙でぐしょぐしょになります」と明かし、浅子について「“女性はこう生きなければいけない”という時代に、“なぜ?”と思える人だったんでしょうね。商売に長けた三井家の中で、自分も(男性と)同等に商いをしたい気持ちもあったんだと思います」と印象を語る。

演出の田村は「淳子さんは走りだしたら止まらないというか、止まれないというか(笑)。広岡浅子さんと重なる部分がすごく多くて。前を向いたら突き進んでいく印象があるので、僕はすごく(浅子と)重ねやすいです。新しい淳子さんというかそのままの淳子さんというかが見られるんじゃないかと思います」。

浅子の旦那・広岡信五郎役の赤井は「大阪の商売人の役なので、それならピッタリやな!と脚本を読ませてもらいました。『涙は悲しいときに出すんやなく、嬉しいときに出すんや』という小藤の台詞に胸を打たれましたね」と劇中の印象的な台詞を披露。広岡家の女中・小藤役の南野は「小藤は浅子の幼いころから晩年までずっとそばで支え続けた、いや逆に支えられた…そのくらい密で、近くにいた人間です。(同じように)高畑さんにいろいろ教えていただきながら、支えていきたいです」と高畑との共演を心待ちにしている様子。広岡正秋役の田山は、実年齢は8歳下である赤井の弟役を演じることに「どう料理しよう」と笑いつつ「浅子さんのような人の影には、その人の気持ちを受け、支える人が必ずいるんだなと感じました」と、今作で描かれる浅子と正秋の関係に思いを馳せた。

高畑が「メランコリックにならないで、目の前にあるものを追いかけていきたい」と語る本作は、10月4日(水)から28日(土)まで東京・シアタークリエにて上演後、全国7か所を巡演。

取材・文:中川實穂

  • 会見より。前列左から、田村孝裕、葛山信吾、赤井英和、高畑淳子、南野陽子、田山涼成  撮影:石阪大輔
  • 高畑淳子  撮影:石阪大輔
  • 赤井英和  撮影:石阪大輔
  • 南野陽子  撮影:石阪大輔
  • 田山涼成  撮影:石阪大輔
  • 葛山信吾  撮影:石阪大輔
  • 三倉茉奈  撮影:石阪大輔
  • 紫とも  撮影:石阪大輔
  • 篠田光亮  撮影:石阪大輔
  • 越智静香  撮影:石阪大輔
このページ「広岡浅子は“そのままの高畑淳子”『土佐堀川』会見|チケットぴあ」上部へ
「広岡浅子は“そのままの高畑淳子”『土佐堀川』会見」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
アフィリエイト募集広告のお問い合わせぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.