チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。 会員登録はこちら

W杯へ、12月にハリルジャパン国内組サバイバル 2017/9/25 17:35配信

ハリルホジッチ監督

ハリルホジッチ監督

チケット購入

9月25日、『EAFF E-1 サッカー選手権2017 決勝大会』の記者会見が行われた。『東アジアカップ』改め『E-1』。男女ともに日本、韓国、北朝鮮、中国が12月に覇権を争うのだ。

東アジアサッカー連盟・田嶋幸三会長は「日本と韓国は『W杯』出場を決め、モチベーションがある。中国はリッピ監督のもと、『W杯』最終予選で後半結果を残し、勢いがある。北朝鮮は我々でも計りかねる相手」と分析する。

ハリルホジッチ監督は『E-1』を国内組のサバイバルの場と定めた。

「このトーナメントは非常に興味深いものになる。最後に残る選手を見極める機会になる。最後の最後、残ってくれる国内組の選手を試す大会になる。今回は『E-1』に向けて1週間の準備期間をもらった。しっかり準備して、すべての試合で勝ちたい。 今大会の目的はふたつ。まずは勝つこと。もうひとつは最後にAチームに残るかどうかの見極め。国内の選手にとっても、いい機会になる。我々に力を見せ付けられる場になるのだから」

苦い思い出がある。ハリルホジッチ監督は就任5戦目で『東アジアカップ2015』に臨み、1分2敗で最下位に甘んじたのだ。そもそも、過去6大会で日本の優勝は1回のみ。『E-1』では思うような成績を収めていない。前回大会は準備期間が少ないのが響き、初戦の北朝鮮戦を落としたのを受け、今回は準備期間を確保。ハリルホジッチ監督はリベンジに余念がない。指揮官は国内組に再びメッセージを送った。

「国内でやる大会なので、勝つ準備を進めないといけない。『W杯』に残るメンバーの見極めの場となるのだから、国内組には本当にがんばってほしい」

『E-1』男子は12月9日(土)・韓国×中国・日本×北朝鮮、12日(火)・北朝鮮×韓国・日本×中国、16日(土)・中国×北朝鮮・日本×韓国を味の素スタジアムにて開催。

ハリルジャパンは『キリンチャレンジカップ2017』(10月6日(金)・ニュージーランド戦・豊田スタジアム、10日(火)・ハイチ戦・日産スタジアム)、11月の欧州遠征を経て、『E-1』に臨む。『キリンチャレンジ杯』2試合のチケットは発売中。

  • ハリルホジッチ監督
このページ「W杯へ、12月にハリルジャパン国内組サバイバル|チケットぴあ」上部へ
「W杯へ、12月にハリルジャパン国内組サバイバル」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
アフィリエイト募集広告のお問い合わせぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.