チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。 会員登録はこちら

特別講義に霧矢大夢が登場。『この熱き私の激情』を翻訳者と語る 2017/10/13 17:10配信

特別講義より。霧矢大夢

特別講義より。霧矢大夢

チケット購入

11月から始まる舞台『この熱き私の激情~それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌』。36歳の若さで自ら人生に幕を閉じた女性作家ネリー・アルカンの4本の小説をコラージュしたこの作品の上演を記念して、9月、朝日カルチャーセンター新宿にて、「ネリー・アルカンの世界~愛と激情に生きた作家」と題して特別講義が開催された。登壇したのは、出演者のひとり霧矢大夢と、ネリーのデビュー作「ピュタン─偽りのセックスにまみれながら真の愛を求め続けた彼女の告白─」を翻訳した松本百合子。ネリーとはどんな女性だったのか。彼女の小説は舞台でどう表現されるのか。舞台のプロデューサーである毛利美咲の司会で進んだトークから、その片鱗が見えてきた。

ネリーのデビュー作に松本が取り組むのは実はこれが2度目だ。2006年に「キスだけはやめて」のタイトルで出版されたものを、この度の舞台上演と、映画「ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で」が10月より公開されることを機に、新たに翻訳し直したのである。そこに描かれているのは、高級コールガールだった時代のこと、自分が生まれる前に亡くなった姉がいたこと、それゆえに両親に愛されていないと感じていること、そして“女”であることなど、自身の生きづらさだ。再びその世界に向き合った松本は、「ネリーは、美しくならねばならない、若くなければいけないと、いろんな“ねばならない”を抱えて、自分をがんじがらめにしていた人。悲痛な叫びがより強く聞こえてきた」と話す。

女として生きることのそんな葛藤や抑圧は、「ネリーほど極端でなくても、どんな女性も感じること。女性としての自分の存在意義を問う瞬間って、どなたにもあると思うんです。だからこそ、舞台ではそこを探求していきたい」と語るのは霧矢だ。だが、「ただ痛みを表現するだけの作品ではない」とも強調する。舞台では、6人の女優とひとりのダンサーが、ネリーが抱え小説に著したテーマをそれぞれに表現することになる。霧矢が担うのは、亡き姉や家族など血縁を語る“血の女”だが、「一人ひとりの女優が放つものによって、闇の中に光が見えたらいいなと思うんです。演劇のすばらしさはそこにあると思うので」。松本も付け加える。「ネリーは自ら死を選びましたが、生と死は表裏一体、それだけ生きたいというエネルギーが強かったんだと思います。その人生は一瞬一瞬が光っていたのではないでしょうか」。身をもって生きることを問いかけたネリーのその激しい魂は、この日の会場を早くも震わせていた。

舞台は11月4日(土)から19日(日)まで東京・天王洲 銀河劇場にて上演。その後、広島、福岡、京都、愛知を巡演。

取材・文:大内弓子

  • 特別講義より。霧矢大夢
  • 特別講義より。松本百合子
  • 特別講義より。毛利美咲
  • 特別講義より
  • 特別講義より
  • 特別講義より
  • 特別講義より
  • 特別講義より
  • 特別講義より
このページ「特別講義に霧矢大夢が登場。『この熱き私の激情』を翻訳者と語る|チケットぴあ」上部へ
「特別講義に霧矢大夢が登場。『この熱き私の激情』を翻訳者と語る」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
アフィリエイト募集広告のお問い合わせぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.