チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

トップリーグ最終節・無双パナにヤマハが挑む! 2017/12/22 17:00配信

山田章仁(パナソニック ワイルドナイツ) (C)F.SANO

山田章仁(パナソニック ワイルドナイツ) (C)F.SANO

チケット購入

『ジャパンラグビートップリーグ2017-2018』最終節で、極上のカードが組まれた。ヤマハ発動機×パナソニック。ホワイトカンファレンス1位と2位の直接対決である。『第55回日本選手権』の前哨戦でもある。『トップリーグ2016-2017』開幕戦でヤマハが先勝し、『第54回日本選手権』準決勝ではパナソニックがリベンジし、1勝1敗に終わった昨季からの決着戦とも言える。

ただし、下馬評ではパナソニックが圧倒的有利である。

パナソニックは12戦全勝・勝点59・536得点・123失点と驚異的な数字を残す。ホワイトカンファレンス2位のヤマハが9勝3敗・勝点46・421得点・188失点と言えば、いかにパナソニックの成績が傑出しているかわかるだろう。

タレント集団だ。パナソニックはFWのスタメンに8名中6名もの国外出身選手が名を連ねることもあった。BKもトライランキングトップに立つWTB山田章仁、4位につけるWTB福岡堅樹、5位タイのSO/CTB 松田力也とずば抜けた決定力を誇る。ハーフ団はSH田中史朗-SOベリック・バーンズの黄金コンビ。そもそもパナソニックは11月の日本代表にも最多13名を送り出している。そんなタレントたちを束ねるのが、世界的名将ロビー・ディーンズ監督だ。パナソニックの戦力は質量ともに他の追随を許さない。

ただ、ヤマハを率いるのは清宮克幸監督である。前節・サニックス戦終了後に「持ち駒は揃っている」とパナソニック戦への自信を覗かせた策士は、下馬評を覆す策を温めていることだろう。

試合登録メンバーは以下の通り。
【ヤマハ発動機】1山本幸輝、2日野剛志、3伊藤平一郎、4大戸裕矢、5デューク・クリシュナン、6モセ・トゥイアリイ、7廣川翔也、8堀江恭佑、9矢富勇毅、10マット・マッガーン、11田中渉太、12マレ・サウ、13小林広人、14伊東力、15五郎丸歩、16名嘉翔伍、17植木悠治、18山村亮、19八木下惠介、20西内勇人、21篭島優輝、22大田尾竜彦、23ゲラード・ファンデンヒーファー
【パナソニック】1稲垣啓太、2堀江翔太、3ヴァル アサエリ愛、4サム・ワイクス、5長谷川崚太、6ベン・ガンター、7谷昌樹、8ホラニ龍コリニアシ、9田中史朗、10ベリック・バーンズ、11福岡堅樹、12松田力也、13ディグビ・イオアネ、14山田章仁、15笹倉康誉、16坂手淳史、17田村エムセン、18平野翔平、19谷田部洸太郎、20布巻峻介、21内田啓介、22山沢拓也、23梶伊織

果たして、最終節で勢いを得て、年明けの『日本選手権』に乗り込むのはヤマハか、パナソニックか。『トップリーグ2017-2018』第13節・ヤマハ発動機×パナソニックは12月24日(日)・ヤマハスタジアムにてキックオフ。チケット発売中。

  • 山田章仁(パナソニック ワイルドナイツ) (C)F.SANO
  • 堀江恭佑(ヤマハ発動機ジュビロ) (C)F.SANO

トップリーグ最終節・無双パナにヤマハが挑む!の関連アーティスト

  • パナソニックワイルドナイツ お気に入りに登録
  •  

  • ヤマハ発動機ジュビロ お気に入りに登録
  • お気に入りに登録を押すとお気に入り登録され、チケット情報がGETできます。
    このページ「トップリーグ最終節・無双パナにヤマハが挑む!|チケットぴあ」上部へ
    「トップリーグ最終節・無双パナにヤマハが挑む!」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
    プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
    アフィリエイト募集広告のお問い合わせぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

    チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

    Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.