チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

紅ゆずる「“あの世”は楽しい」斬新な落語ミュージカル 2018/4/27 10:10配信

紅ゆずる 撮影:山脇美紀

紅ゆずる 撮影:山脇美紀

チケット購入

4月27日(金)開幕の星組宝塚大劇場公演、RAKUGO MUSICAL『ANOTHER WORLD』は、落語噺「地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)」「朝友」など、死後の世界が舞台の落語噺を散りばめたユニークな作品。星組トップスター・紅ゆずるは、「キャラクターのほぼ全員が死んでいる、これまでにない世界観ですけど(笑)、とても明るい物語。“あの世”は楽しいところで、思い切り人生を全うした人間しか楽しい思いはできない、というようなものを提示したいです」と意気揚々と話す。

紅の役は、大坂の両替商の若旦那・康次郎。大坂の菓子屋の嬢さん・お澄(綺咲愛里)と、あの世で結ばれるかと思いきや、閻魔大王がお澄に惚れて康次郎ひとりに地獄行きの沙汰を下す。「上方のはんなりとした二枚目の役なので、礼 真琴が演じる江戸の二枚目との対比を見せていきたいです。どんどん仲間が増えていくのですが、今回はみんなに役の特徴的なものを出してもらい、私が周りに踊らされるようにしたいです」。組子たちの成長を温かい目で見守りつつ、コメディセンスの新たな面に磨きをかける。

今作は落語が題材の作品を発表してきた演出家・谷正純の新作。「谷先生がずっと温めてこられた作品なので、絶対に成功させたいです」。役作りのため寄席にも足を運び、落語の面白さを研究した。「人情ものなので役として一本通ってないといけない。人形浄瑠璃の振付になっている『崇徳院』の場面も、注目していただきたいです。私は全場出演、早替わりが多く息つく間もないのですが、お客様に『いい物語だったね』とほのぼのとしてもらえたらと思います」

同時上演のタカラヅカ・ワンダーステージ『Killer Rouge(キラー ルージュ)』は、紅の多彩な魅力に迫るショーで、10月開幕の台湾公演でも上演される。熱狂的に迎えられた2013年の台湾公演以来、台湾で写真集を撮影するなどこの地を愛してきた紅にとって夢の舞台に。「台湾公演で主演とは、本当に嬉しいです。先日制作発表で伺った時、朝ウォーキングをしていたら横を宝塚歌劇のラッピングバスが通り、『すごいな』と思いました」と笑顔。「とにかく“押せ押せ”の激しいショーですが、全場面で印象を変えたいですね」。今作がお披露目公演の第104期初舞台生を、紅の初舞台作品『LUCKY STAR!』のように、トップスターが紹介する粋な演出もあるという。「私も当時とても嬉しかったので、特別な気持ちで紹介したいです!」。ハートに溢れた紅ならではの舞台が繰り広げられるだろう。

公演は4月27日(金)から6月4日(月)まで、兵庫・宝塚大劇場。6月22日(金)から7月22日(日)まで、東京・東京宝塚劇場にて。兵庫公演のチケットは発売中。

取材・文:小野寺亜紀

  • 紅ゆずる 撮影:山脇美紀
  • 紅ゆずる 撮影:山脇美紀
  • 紅ゆずる 撮影:山脇美紀
  • 紅ゆずる 撮影:山脇美紀
  • 紅ゆずる 撮影:山脇美紀
  • 紅ゆずる 撮影:山脇美紀
  • 紅ゆずる 撮影:山脇美紀
このページ「紅ゆずる「“あの世”は楽しい」斬新な落語ミュージカル|チケットぴあ」上部へ
「紅ゆずる「“あの世”は楽しい」斬新な落語ミュージカル」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
アフィリエイト募集広告のお問い合わせぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.