チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

珠城りょう「世界を支配する」大きな存在のトートに 2018/8/7 10:05配信

珠城りょう 撮影:三上 富之

珠城りょう 撮影:三上 富之

チケット購入

1996年の初演より観客動員240万人を誇る宝塚歌劇団の代表作『エリザベート -愛と死の輪舞(ロンド)-』を、月組が2年ぶりに再演。10代目のトート=黄泉の帝王 (死)を演じる月組トップスター・珠城りょうは、先輩の公演をリスペクトしつつ、「枠にとらわれず作っていきたい」と大作に冷静に挑んでいる。

2009年の月組公演にも出演した珠城だが、ウィーンで生まれた本作の魅力を資料などから改めて追究。「本来(原作者が)この作品を通して何をお客様に伝えたかったのか。原点を考えることで、トートの見え方も違ってくると思いました」。オーストリア皇后エリザベートを愛し、死へといざなうトート。「トートという存在は、エリザベートから生み出されたもの。彼女が恐怖を感じ、死にたいと思った時にトートが現れる。ルドルフともそうですが、相手と密につながっている存在なのだと分かってきました」

エリザベート役は、本作で退団するトップ娘役の愛希れいか。一期違いで長年切磋琢磨してきた愛希とはこれまでと同様、役作りの細かい話はせず、「お互いの空気を読み取りながら作っている」と話す。「彼女のエリザベートは自分の力で歩む意志がはっきり出ているので、そこに対峙するトートはどうあるべきか考えています」

潤色・演出の小池修一郎からは「劇場全体、また世界を支配するような大きさやエネルギーを意識して」と指導された。実際、少年ルドルフとの芝居では彼を包み込み、手中に収めるような動きがついた。「トートの手のひらでハプスブルク家を転がし、操っている感じを出せたら」。それはロック調の『最後のダンス』など、数々の名曲でも発揮されるはず。「やはり楽曲が素晴らしく、音階に感情を込めていけば成立する作品」。難度の高い歌をクリアし、「静と動の差、感情の起伏を出したいです」と意気込む。

鬘はトートには珍しいブロンドベース、衣装は長身の珠城に似合う丈の長いスタイルが用意された。「フィナーレは小池先生が“珠城の持ち味を活かしてラテンロックテイストにした”とのことです」と笑う。彼女ならではの演出が加えられているが、それでも“体育会系”で明るい印象の珠城は、「なぜ私にトート役を与えたのかと考えました」と当初の戸惑いを率直に明かす。「新たに色んなものを吸収するように、という意味なのか…。動かずとも存在感を出すなど、この役を通したくさん勉強したいです」と、真っすぐな目で語った。

公演は8月24日(金)から10月1日(月)まで、兵庫・宝塚大劇場、10月19日(金)から11月18日(日)まで、東京・東京宝塚劇場にて。

取材・文:小野寺亜紀

  • 珠城りょう 撮影:三上 富之
  • 珠城りょう 撮影:三上 富之
  • 珠城りょう 撮影:三上 富之
  • 珠城りょう 撮影:三上 富之
  • 珠城りょう 撮影:三上 富之
このページ「珠城りょう「世界を支配する」大きな存在のトートに|チケットぴあ」上部へ
「珠城りょう「世界を支配する」大きな存在のトートに」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
アフィリエイト募集ぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.