チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

ウッドベースや打楽器も入る演奏で“お囃子”を気軽に 2018/8/10 16:55配信

(画像左から)望月左太寿郎、望月秀幸

(画像左から)望月左太寿郎、望月秀幸

チケット購入

歌舞伎や日本舞踊など伝統芸能と言われる舞台で、箏(こと)や長唄の演奏を盛り上げたり、効果音のような役割も果たす「お囃子(はやし)」。その魅力をもっと知ってもらいたいと2010年に邦楽囃子演奏家の望月秀幸と望月左太寿郎が始めたステージ「お囃子プロジェクト」のvol.12が、9月18日(火)に東京・ヤマハ銀座スタジオで上演される。望月秀幸と望月左太寿郎に話を聞いた。

「我々は普段、日本舞踊や歌舞伎、演奏会など古典と言われるジャンルで活動しているのですが、(お囃子単体は)いつどこに行ったら聴ける、というものではなかったんです。それは自分たちで打開していかないといけないと思い、この『お囃子プロジェクト』を始めました」(秀幸)。締太鼓(しめだいこ)、大鼓(おおつづみ)、小鼓、笛によるお囃子が軸となり、ゲストプレイヤーによるアコーディオン、ウッドベース、韓国打楽器、ラテンパーカッションなどとのセッションで、洋楽、ポップスとジャンルを問わない楽曲をお囃子アレンジで届ける。

普段の彼らが追求するのは、例えば日本舞踊なら“舞踊家が踊りやすい演奏”であり“観客を喜ばせる演奏”とはまた違う。けれどこのステージは『観客を喜ばせる』ことを目指しており、初期は四苦八苦しながらも、今はそこに近づいたと自負する。「このプロジェクトを始めたのはその想いだけです。オペラなどもそうですが、古典音楽ってある程度知識があって初めて楽しめる面がありますよね。でも『お囃子プロジェクト』に関しては、気軽に来て“面白かった”“楽しかった”と言ってもらえて、また観に来てくれるような、そんな内容になっていると思います」(左太寿郎)

楽曲も、昭和歌謡から歌舞伎の儀礼音楽『着到』をアレンジしたものまで幅広いが、どれも“古典とは全く違うことをする”のではなく古典のフレーズをそのまま生かしながらミックスしたアレンジで勝負しているのがこだわり。洋楽器のメンバーともセッションを重ねる中でよい関係ができているといい「ジャズのような感じです」(左太寿郎)と回を重ねるごとにアレンジも深まっているそう。

また、「“演奏会”と違うのは、つたないトークです」とふたりが笑うように、それぞれのキャラクターが生かされたMCも見どころ。お囃子の法則など舞台がより楽しめる豆知識も伝授してくれるが、それに加え「プロレスの決め台詞を一緒に言うと盛り上がるんですよ」(秀幸)、「なんやかんやプロレスに持っていかれるんですよね…」(左太寿郎)と趣味が反映されているのも意外で面白い。

「お酒も飲めます!ビーサンでもOKです!」(秀幸)という公演は9月18日(火)に東京・ヤマハ銀座スタジオにて。チケットは発売中。

取材・文・撮影: 中川實穂

  • (画像左から)望月左太寿郎、望月秀幸
  • 望月左太寿郎
  • 望月秀幸
  • 望月左太寿郎

ウッドベースや打楽器も入る演奏で“お囃子”を気軽にの関連公演・イベント

ウッドベースや打楽器も入る演奏で“お囃子”を気軽にの関連アーティスト

  • 望月左太寿郎
  •  

  • 望月秀幸
  • このページ「ウッドベースや打楽器も入る演奏で“お囃子”を気軽に|チケットぴあ」上部へ
    「ウッドベースや打楽器も入る演奏で“お囃子”を気軽に」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
    プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
    アフィリエイト募集広告のお問い合わせぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

    チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

    Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.