チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

月組トップ娘役・愛希れいかの退団公演『エリザベート』開幕! 2018/8/31 13:01配信

撮影:三上富之

撮影:三上富之

チケット購入

トップスター・珠城(たまき)りょう率いる宝塚歌劇月組公演『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』が8月24日、兵庫・宝塚大劇場にて開幕した。

1992年にウィーンで誕生した本作は、オーストリア=ハンガリー帝国皇妃エリザベートの数奇な生涯を、彼女を愛する黄泉の帝王トート(死)との愛憎を軸に描いたミュージカル。観劇後も耳に残る楽曲の数々も魅力で、1996年に宝塚歌劇団雪組が日本初演し、宝塚歌劇では今回が10回目の上演となる人気作だ。

“死”を擬人化した黄泉の帝王トートは、常にエリザベートの近くに存在する。父の自由な生き方に憧れを抱き、活発だった少女時代。綱渡りに挑戦しようとしたエリザベートは足を滑らせて落下し、意識不明の重体に陥る。その生と死の狭間で出会ったのが、黄泉の帝王トートだ。トートは死の口づけをしようとするが、エリザベートの生命力あふれる瞳に心を奪われ、愛されたいと願う。そして彼女がトート=“死”を求めるまで、どこまでも追い続けようと、元の世界へと帰すのだった…。

歴代のトップが演じてきたトートは、それぞれで印象がまったく異なる。今回演じる珠城も、自身の持ち味を活かしながら表現。妖しく冷ややかなオーラを漂わせながら、時には不敵な笑みを浮かべ、時には内包する熱を激しくあらわにしてエリザベートの愛を求めるなど、繊細に作り上げている。作品世界を包み込むような存在感を感じられるのも、珠城トートならではだろう。

エリザベートを演じるのはトップ娘役・愛希(まなき)れいか。無邪気な少女時代から、皇妃となった後の苦悩、孤独、もろさ、強さ、気品など、年老いていくまでを丁寧に表現している。1幕ラストから2幕前半にかけての、生きる意味を見出したエリザベートの自信に満ちた表情、凛とした美しさにも目を奪われる。トップ娘役就任から約6年半。集大成らしい円熟した演技、歌唱で魅せている。

皇帝フランツ・ヨーゼフを演じるのは美弥(みや)るりか。終始感情を抑えた役ではあるが、エリザベートを真っ直ぐに愛する思い、見守る優しさ、皇帝としての葛藤などを滲ませながら演じている。エリザベート暗殺犯ルイジ・ルキーニ役の月城(つきしろ)かなとは、表情や眼差し、声色でルキーニの狂気を表しながら、狂言回しとして物語をリズムよく展開していく。皇太子ルドルフは暁千星(あかつき・ちせい)と風間柚乃(かざま・ゆの)の役替わり。この日演じた暁は儚げな雰囲気をまとい、ルドルフを好演。歌唱力も高く、『闇が広がる』でのトートとのハーモニーも美しく響いている。

兵庫・宝塚大劇場公演は10月1日(月)まで。チケットぴあでは9月14日(金)13時公演のプレリザーブを9月3日(月)11:00まで受付中。東京宝塚劇場公演は10月19日(金)から11月18日(日)まで。9月16日(日)より一般発売開始。

取材・文:黒石悦子

  • 撮影:三上富之
  • 撮影:三上富之
  • 撮影:三上富之
  • 撮影:三上富之
  • 撮影:三上富之

月組トップ娘役・愛希れいかの退団公演『エリザベート』開幕!の関連アーティスト

  • 宝塚歌劇月組 お気に入りに登録
  •  

  • 珠城りょう お気に入りに登録
  • 愛希れいか お気に入りに登録
  •   
    お気に入りに登録を押すとお気に入り登録され、チケット情報がGETできます。
    このページ「月組トップ娘役・愛希れいかの退団公演『エリザベート』開幕!|チケットぴあ」上部へ
    「月組トップ娘役・愛希れいかの退団公演『エリザベート』開幕!」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
    プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
    アフィリエイト募集ぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

    チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

    Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.