チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

パナソニックとぴあが電子チケットで強力タッグ! 2018/9/14 18:20配信

パナソニック・ぴあの新しいスタジアムサービスに関する共同発表会の模様

パナソニック・ぴあの新しいスタジアムサービスに関する共同発表会の模様

チケット購入

9月14日、パナソニックとぴあによる新しいスタジアムサービスに関する共同発表会が行われた。スポーツやエンターテインメントのチケッティングを幅広いサービスに対応できるよう電子化し、来場者の体験価値を高めることを目指した取り組みを開始。その取り組みの第一弾として、11月24日(土)・Panasonic Stadium Suitaで開催される『明治安田生命J1リーグ』最終節・ガンバ大阪×V・ファーレン長崎に白羽の矢が立ったのだ。

現在、G大阪では57%の来場者が紙チケットで入場しているが、最終節は大日本印刷、三井住友カードと共同で3万人規模のホーム側すべての来場者が電子化したチケットで入場し、検証を行う。当日紙チケットを持った観客に非接触型のウェアラブルICを活用したリストバンド型の新たな電子チケットを提供。入退場ゲートのチケットチェックにはじまり、座席へのルート案内、グッズや飲食のキャッシュレス決済だけではなく、スポンサー企業のクーポン等の発行やスタジアム周辺の店舗の各種サービスとの連携など新たなスタジアム体験を提供していくとのこと。

本実証実験は「どのようなサービスが来場者の体験価値向上につながるのか」「デジタルマーケティングによるスタジアム運営の継続的な改善をいかに図るのか」「施設利用における質の向上、いかにファンエンゲージメントを生み出すのか」を検証課題とし、「プリペイド機能付きウェアラブル型電子チケットによるスタジアム体験の検証」「モバイル型マルチリーダ認証端末を用いたスタジアム運営負担軽減の検証」「国際ブランド非接触ICプリペイドを用いたキャッシュレス決済によるグッズ・飲食店舗のレジ効率、混雑緩和の検証」「電子チケットを活用したスタジアムアクティビティサービスの有用性の検証」「来場履歴、決済履歴、アクティビティ履歴ともととしたデジタルマーケティングの可能性の検証」を実施内容とする。

要は「入退場を円滑にしてほしい」「グッズ・飲食物をスムーズに買いたい」「混雑状況を知りたい」という来場者の要望と、「運営スタッフの負担を軽減したい」「集客のための企画力を上げたい」「スポンサー拡大の営業力を強化したい」という運営者・主催者の課題、その両方をクリアしようというのだ。

本スタジアムサービスは『東京五輪』が開催される2020年の事業化を目指すという。チケッティングの電子化によるスタジアム・アリーナ体験価値向上の取り組みは『明治安田J1』第34節・G大阪×長崎で実施。チケットは9月19日(水)よりFC先行発売、9月26日(水)より一般発売される。

  • パナソニック・ぴあの新しいスタジアムサービスに関する共同発表会の模様
  • (写真左より)パナソニック・井戸正弘執行役員、ぴあ・東出隆幸上席執行役員

パナソニックとぴあが電子チケットで強力タッグ!の関連公演・イベント

このページ「パナソニックとぴあが電子チケットで強力タッグ!|チケットぴあ」上部へ
「パナソニックとぴあが電子チケットで強力タッグ!」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
アフィリエイト募集広告のお問い合わせぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.