チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

「タイトルをつかむ」横浜ポステコグルー監督の野心 2018/10/22 13:00配信

アンジェ・ポステコグルー監督(横浜F・マリノス) (C)J.LEAGUE

アンジェ・ポステコグルー監督(横浜F・マリノス) (C)J.LEAGUE

チケット購入

アンジェ・ポステコグルーは信念の人である。

母国オーストラリアのクラブと代表で実績を残してきたこの53歳は、今シーズンから横浜F・マリノスを指揮している。Jリーグで3度の優勝を誇る名門は、2014年元日の天皇杯制覇を最後にタイトルから遠ざかっていた。

守備的なオーガナイズを伝統としてきたクラブに、ポステコグルーは攻撃的なスタイルを持ち込んだ。ハイラインとハイプレスを基調としたポゼッションスタイルは、Jリーグに新風を吹き込んだ。

とはいえ、野心溢れるサッカーが浸透するには、相応の時間が必要である。結果を残す過程では痛みも伴う。

『明治安田生命J1リーグ』の6節から、5試合連続で勝利をつかめなかった。先行する展開を生かせずに試合を引っ繰り返されたり、思いがけず打ち合いを演じることになったりもした。

7月18日のベガルタ仙台戦では、クラブ最多タイの8ゴールを奪って勝利した。ところが、翌節のFC東京戦でクラブワーストタイの5失点を喫して敗れてしまう。

揺れ幅の大きいサッカーが戸惑いを誘う。それでも、ポステコグルーは決してブレない。「監督を務めるうえで、信念を持つことは大事にしている」との言葉どおりに、独自のスタイルを貫いていく。チームは確実に成長してきた。

それだけに、『2018JリーグYBCルヴァンカップ』の決勝進出も驚きではない。鹿島アントラーズとの準決勝第2戦後、指揮官もこう話した。

「この『ルヴァンカップ』では毎試合、ホームでもアウェイでも点を取っている。神戸もG大阪も倒しているし、今日は鹿島を倒した。強いチームとやり合ってきたと思う。今日も良いパフォーマンスをしていた。決勝進出に値する内容だったと思う」

決勝戦の舞台となる埼玉スタジアム2002は、横浜FMにとって約束の場所と言っていいかもしれない。今年元日の『天皇杯』決勝でセレッソ大阪と対峙し、延長戦の末に1対2で敗れたのだ。

クラブがタイトルから遠ざかっていることは、ポステコグルー監督も理解している。チーム一丸となってつかんだ〈黄金の好機〉に寄せる思いは強い。

「2013年(度の天皇杯)を最後にタイトルを獲っていないということで、自分がこのチームに来たのもタイトルをもたらすためだと思っている。その意味で、決勝戦を本当に楽しみにしている」

湘南ベルマーレが待ち受ける10月27(土)の埼玉スタジアムで、ポステコグルー監督が統べる横浜FMはチームの進化を証明する。

文:戸塚啓

  • アンジェ・ポステコグルー監督(横浜F・マリノス) (C)J.LEAGUE

「タイトルをつかむ」横浜ポステコグルー監督の野心の関連リンク

「タイトルをつかむ」横浜ポステコグルー監督の野心の関連公演・イベント

「タイトルをつかむ」横浜ポステコグルー監督の野心の関連アーティスト

  • 湘南ベルマーレ(J1) お気に入りに登録
  •  

  • 横浜F・マリノス(J1) お気に入りに登録
  • お気に入りに登録を押すとお気に入り登録され、チケット情報がGETできます。
    このページ「「タイトルをつかむ」横浜ポステコグルー監督の野心|チケットぴあ」上部へ
    「「タイトルをつかむ」横浜ポステコグルー監督の野心」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
    プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
    アフィリエイト募集ぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

    チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

    Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.