チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

初代カップ王座をかけ、サントリーとトヨタ自動車が激突 2019/1/18 14:10配信

梶村祐介(サントリーサンゴリアス)

梶村祐介(サントリーサンゴリアス) (C)F.SANO

チケット購入

初代王座に輝くのはサントリーサンゴリアスか、トヨタ自動車ヴェルブリッツか。『ジャパンラグビー トップリーグ カップ 2018-2019』決勝が明日決戦の時を迎える。

サントリー・沢木敬介監督がタイトルのかかった大一番でも思い切った策に出た。準決勝に続きスタメンのみならず、リザーブを含めた23名全員に日本人選手を並べたのだ。1週間前、総合順位決定トーナメントでクボタスピアーズを39-24で下した試合後、指揮官はこう語っていた。

「タイトルにこだわるが、チームを成長させるため、一番成長できるゲームで若手が経験を積める場もなくてはならないと思っている。そうやって日本人が育たないとクラブのカルチャーはなくなってしまう」

勝負を捨てたと勘ぐるのは早計だ。沢木監督はこうも言っていた。

「サントリーの強みは誰が出ても、サントリーのラグビーをしっかり遂行できること。そこにプライドを持ってやっている」と。

一方、プロテクトされている日本代表やケガ人を除き、ほぼベストメンバーを組んだトヨタ自動車は、準決勝でパナソニック ワイルドナイツを22-15で撃破。ジェイク・ホワイトヘッドコーチは「今回の勝利に関して非常にうれしい。今季パナソニックと2回戦って2回とも勝てたことと、その中で選手たちが最後まで闘志を出し切ったことがうれしい」とチームの成長を喜んだ。

試合登録メンバーは以下の通り。
【サントリー】
1堀越康介、2北出卓也、3垣永真之介、4加藤広人、5小林航、6小澤直輝、7飯野晃司、8桶谷宗汰、9芦田一顕、10田村煕、11成田秀平、12竹本竜太郎、13梶村祐介、14長友泰憲、15塚本健太、16中村駿太、17森川由起乙、18畠山健介、19大島佐利、20仲宗根健太、21大越元気、22小野晃征、23尾崎晟也
【トヨタ自動車】
1三浦昌悟、2彦坂圭克、3木津悠輔、4カール・ウェグナー、5ジェイソン・ジェンキンス、6藤井諒、7佐藤穣司、8フェツアニ・ラウタイミ、9岩村昂太、10樺島亮太、11岡田優輝、12クリントン・スワート、13イェーツ・スティーブン、14彦坂匡克、15ジオ・アプロン、16川西智治、17高橋洋丞、18伊尾木洋斗、19ジャネス・カースティン、20古川満、21滑川剛人、22マレ・サウ、23竹田宜純

『トップリーグ カップ』決勝・サントリー×トヨタ自動車は1月19日(土)・秩父宮ラグビー場にてキックオフ。当日はパナソニック×クボタの3位決定戦も開催。チケット発売中。

  • 梶村祐介(サントリーサンゴリアス)
  • クリントン・スワート(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)

初代カップ王座をかけ、サントリーとトヨタ自動車が激突の関連公演・イベント

このページ「初代カップ王座をかけ、サントリーとトヨタ自動車が激突|チケットぴあ」上部へ
「初代カップ王座をかけ、サントリーとトヨタ自動車が激突」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
アフィリエイト募集ぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.