チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

3年目のピーターパン・吉柳咲良「大人にならなきゃいけない」 2019/3/22 11:00配信

撮影:渡部孝弘

ピーターパン役の吉柳咲良 撮影:渡部孝弘

チケット購入

39年目を迎えるブロードウェイミュージカル『ピーターパン』が、今年も7、8月に上演される。2017年に弱冠13歳で10代目ピーターパンとして初舞台を踏み、今回で3度目のピーターパン(以下、ピーター)を務める吉柳咲良に話を聞いた。

「長く上演され続けている『ピーターパン』の良さを私で途切れさせちゃいけない」と真っ直ぐに語る吉柳。「1年目よりも2年目、2年目よりも3年目だと思っています。技術面ももちろんですが、これまで以上に役を深め、座長として周りを引っ張っていける存在、安心感のある存在でいたい。だから自分自身も大人にならなきゃいけない」と意気込む。

13歳だった座長は上演を重ねるごとに自覚が芽生え、この2年で「精神的に強くなった」と語る。ピーターという役柄も「歌も台詞の言い方も“これだ”という自分の中の正解を導き出せるようになってきた」と3年目ならではの言葉。ピーターの印象も変わってきており、「初めて演じたときは“無邪気な子供”だと思っていたのですが、2年目で、子供だけれども“ただの子供”ではないなと思い始めて。3年目の今回、ピーターのことをもっと理解できたらいいなと思っています」。物語の捉え方も変化した。「最初は“ピーターパンがいて、ネバーランドがあって、ウェンディーにお母さんになってほしくて連れてきたんだけど帰っちゃう、悲しい”って純粋に受け止めていたのですが、もっと深いお話なんだと思うようになりました。子供のまま成長し続けるピーターパンと、大人に成長していくウェンディーと、大人なんだけど成長しきれてないフック船長。その3人の違いってなんだろうと思ったりします」

演出を手掛けるのは、今年も藤田俊太郎。「藤田さんとは役についてよくお話しします。“ピーターパンって子は本当にこうだろうか?”という疑問に対して、答えではなくヒントをくれるので、本番までに正解をみつけたいって思います」と、二人三脚で役を深めている。

舞台で演じていて感じるのは「熱気」。「フック船長と戦うシーンで“がんばれ!”って声が聞こえてくるとすごく嬉しいし、力になります。飛んでいるときに下から見上げてくれる子供たちの憧れの目線も嬉しいです!」

ピーターとしても女優としても3年目を迎え、「いろんな役ができる女優になりたいと思っていたけど、これは簡単なことじゃないぞと気付きました」と日々進化していく吉柳の新たなピーターを見られる公演は、7月21日(日)から28日(日)まで埼玉・彩の国さいたま芸術劇場 大ホール、8月2日(金)から5日(月)まで神奈川・カルッツかわさき(川崎市スポーツ・文化センター)ホールにて上演。名古屋・大阪・富山公演あり。ぴあでは3月24日(日)午前11時より、埼玉は1階10列目以内、神奈川公演は1階12列目以内の中央ブロックの指定席限定で、妖精の粉付の先行先着を実施。

  • 撮影:渡部孝弘

3年目のピーターパン・吉柳咲良「大人にならなきゃいけない」の関連アーティスト

  • 吉柳咲良 お気に入りに登録
  •  

  • 藤田俊太郎 お気に入りに登録
  • お気に入りに登録を押すとお気に入り登録され、チケット情報がGETできます。
    このページ「3年目のピーターパン・吉柳咲良「大人にならなきゃいけない」|チケットぴあ」上部へ
    「3年目のピーターパン・吉柳咲良「大人にならなきゃいけない」」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
    プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
    アフィリエイト募集ぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

    チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

    Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.