チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

妻夫木聡が「愛おしすぎる」と語る『キネマと恋人』の魅力とは!? 2019/4/11 16:45配信

妻夫木聡 撮影:山本祐之 ヘアメイク:勇見勝彦(THYMON Inc.) スタイリスト:片貝俊

チケット購入

憧れの“銀幕のスター”が、もし現実に飛び出してきたら――ウディ・アレンによる映画『カイロの紫のバラ』(1985年製作)にインスパイアされ、ケラリーノ・サンドロヴィッチが2016年に書き下ろした舞台『キネマと恋人』。数々の演劇賞を受賞した話題作が2019年、待望の再演となる。しかも初演時のキャスト・スタッフがそのまま顔を揃える、とても理想的な形で。

「初演の公演中から『再演やりたいね』ってみんなで話してたんですよ。評判もよかったですし、皆さんに愛された作品が同じキャストでまたやれるのは単純にすごく嬉しいです」

そう語るのは、売れない映画俳優・高木高助と、高助が映画の中で演じる寅蔵の2役を演じる妻夫木聡だ。

「初演はびっくりするくらい、あっけなく終わった印象なんですよ。でもそれは多分、とても楽しかったから。キャストみんなの仲が良かったですし、ひとつひとつの公演が愛おしすぎて……ほら、恋愛真っ只中のカップルって、あっという間に3か月くらい経ちますよね? そんな感じでした」

寅蔵&高木と騒動を繰り広げるハルコ役の緒川たまき、その妹・ミチル役のともさかりえをはじめキャスト全員が意気投合、とてもいい空気だったとか。この舞台の音楽を今でもよく聴くほど“お気に入り”の作品になったというが、初演の稽古場ではやはり産みの苦しみもあったようだ。

「稽古中にだんだんと台本ができてくるから、突然“ここからこの長ゼリフなの!?”とか、毎日宿題を出されるような状態で。でもそんな経験は初めてだったから、後半は逆に台本が来るのを面白がってましたね(笑)。でもそれも理由があって、KERAさんはやっぱり稽古場での俳優を見てから書きたい、って言われていて。究極の当て書きですよね。俳優のいい部分も悪い部分も詰め込まれるし、だからこそみんなに愛される作品になったのでは、と思います」

ときには場面のアイデアをキャストたちから出し合ったりと、妻夫木にとっては初めての体験が多かった作品というのもあり、再演への意気込みも大きい。また、スクリーンから飛び出してハルコと恋をする寅蔵、寅蔵をなんとかスクリーンに戻そうとするうちにやはりハルコに恋をする高木と、なかなか珍しいパターンの1人2役を演じる点も注目だ。

「今回の再演では、特に高木役をもう少し考えたいというか、向き合っていきたいなと思ってます。高木も寅蔵も純粋な男なんですけど、“違う意味での純粋さ”が彼らの分かれ道なのかなと。高木という男の魅力をもっと引き出すには、彼の背景が見えたほうが深みが出ると思うんですよね」

今回の再演では福岡、兵庫、愛知、岩手、新潟の各地を巡るが「このメンバーで旅公演がやりたかったんで、これも嬉しいんです」と笑顔を見せる妻夫木。愛すべき作品の中で生き生きと演じる姿が見られそうだ。

東京公演は6月8日(土)から23日(日)まで世田谷パブリックシアターで上演。チケットは4月13日(土)よりぴあにて発売。

取材・文:川口有紀

妻夫木聡が「愛おしすぎる」と語る『キネマと恋人』の魅力とは!?の関連公演・イベント

妻夫木聡が「愛おしすぎる」と語る『キネマと恋人』の魅力とは!?の関連アーティスト

  • 緒川たまき お気に入りに登録
  •  

  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ お気に入りに登録
  • 妻夫木聡 お気に入りに登録
  •   
    お気に入りに登録を押すとお気に入り登録され、チケット情報がGETできます。
    このページ「妻夫木聡が「愛おしすぎる」と語る『キネマと恋人』の魅力とは!?|チケットぴあ」上部へ
    「妻夫木聡が「愛おしすぎる」と語る『キネマと恋人』の魅力とは!?」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
    プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
    アフィリエイト募集ぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

    チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

    Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.