チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

オケも、ももクロも。ハマを音楽が占拠する2か月 2019/5/10 昼12:20配信

会見の模様

チケット購入

3年に1度、横浜市内全域で繰り広げられる日本最大級の音楽フェスティバル「横浜音祭り」。前回2016年には100万人以上の聴衆を集めたビッグ・イベントだ。9月15日(日)に開幕する第3回「横浜音祭り2019」の発表会見が開かれた。

「横浜音祭り」は、クラシックからアイドルまでオール・ジャンルの約300公演で構成される大規模フェスティバル。この日も、出演者の菅野祐悟(作曲)、私立恵比寿中学、葉加瀬太郎(ヴァイオリン)、林英哲(和太鼓)、村治佳織(ギター)が登壇。さらにももいろクローバーZからビデオ・メッセージが届き、賑やかな顔ぶれの会見となった。

注目公演をいくつか。まず、横浜みなとみらいホールでの3公演。9月15日(日)のオープニングコンサートは、若きカリスマ、バッティストーニ指揮の東京フィル。《展覧会の絵》をメインに、清水和音のショパンの協奏曲。地元の横浜少年少女合唱団が共演して童謡なども歌う。

11月1日(金)は、『踊る大捜査線』などでおなじみの映画監督・本広克行プロデュースの「ヨコハマ・ポップス・オーケストラ2019」。本広と長くタッグを組む菅野祐悟が手がけた映画・TVの音楽の数々。ももクロとオーケストラの異色コラボも実現。

11月15日(金)のクロージングコンサートは葉加瀬太郎がオーケストラを率いる「シンフォニック・ナイト」。意外にもオケ編成でのセルフ・プロデュースは初めてという葉加瀬。「これからの指針として強く希望していたことが実現できる」と意気込みを語った。

同時期に開かれるラグビーワールドカップの決勝・準決勝の開催都市であり、「TOKYO 2020」の英国チーム・キャンプ地でもある横浜ならではの、「英国」テーマの公演も見どころ。9月16日(月・祝)スコティッシュ・アンサンブル(弦楽合奏)の『ANNO』は、英国の女性作曲家アンナ・メレディスが、ヴィヴァルディ《四季》をスクラップ&ビルドして再創造し、映像もコラボした新しいクリエイティブ(横浜赤レンガ倉庫)。10月14日(月・祝)は伝統の英国近衛軍楽隊。リニューアル・オープンした神奈川県立音楽堂での公演のほか、元町でのパレードも楽しそう。

ラグビー観戦に訪れた外国人にも聴いてほしいのが日本の伝統音楽。10月22日(火・祝)には藤原道山の尺八アンサンブルが横浜能楽堂で。11月9日(土)は和太鼓の林英哲。横浜港から旅立ってパリで活躍した画家・藤田嗣治をモティーフにした「レオナール われに羽賜(はねた)べ~」は、藤田没後50年の昨年、ヨーロッパで初演して大好評を得た作品を再演する特別公演だ。

「横浜の“街”そのものが舞台」を合言葉に音楽があふれる「横浜音祭り2019」。音楽祭ディレクターの新井氏は、「音楽を、水道や電気のようなインフラにしたい」と理想を掲げる。巧まずして街角で音楽と出会う。そんな2か月間になると素敵だ。

取材・文:宮本明

  • 菅野祐悟
このページ「オケも、ももクロも。ハマを音楽が占拠する2か月|チケットぴあ」上部へ
「オケも、ももクロも。ハマを音楽が占拠する2か月」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
アフィリエイト募集ぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.