チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

noodles新体制で初の新作をyokoが語る! 2019/5/31 9:55配信

noodles

チケット購入

1991年結成、ワールドワイドな活動で注目を集めるガールズ・オルタナティブ・バンドnoodlesが、5月29日にアルバム『I’m not chic』をリリース。フロントマンの yoko(vo&g)に話を訊いた。

前作『Metaltic Nocturne』を2017年6月に出したあと、ドラムのayumiが脱退。yokoとikuno(b)のふたり組となったnoodles。本作『I’m not chic』は新体制となって初めての作品となる。「自然な流れでアルバムを作ることにはなったんですけど、頭の中ではエンジンがかからないというか、やる気が出ないところもあって、そんなことは初めてだったので、ふたりになることって淋しいことだったんだなって。だから今までの中で1番最高のアルバムをここで絶対作らなきゃって。構想を練っていく中で、今回はプロデューサーを立てたいって思ったんです」

そこで前作で9年ぶりにプロデュースを依頼したSALON MUSICの吉田仁を今回も起用。さらに所属するDELICIOUS LABELのオーナーでもあるthe pillowsの山中さわおを約10年ぶりにプロデューサーに迎え、セルフ・プロデュースも含め、3プロデュース制となった本作。「ひとりでも多くの力を借りてでも良いアルバムを作りたいっていう気持ちだった。さわおくんも仁さんも凄い作品に仕上げてくれたなと思います」

そしてドラムはライブでもサポートしている吉村由加が参加。「今回は私がエンジニアとデモを作って、レコーディング当日に由加ちゃんに曲を把握してもらって、細かいアレンジとかその場で伝えたものを叩いてもらったから、すごい頑張ってくれたと思います」

タイトル『I’m not chic』の由来を訊くと「シド・ヴィシャスが残した言葉らしいんですけど、その言葉を知ったときに、noodlesは4人だった、それが3人になって今ふたりになってしまった。つぎはぎだらけ。自分の中でカッコよくない、その心境と合ってるなと思って。昔は華のあるうちに引退する方がカッコいいと思ってたけど、自分が永くバンドを続けていく中で、全然ダメになって引退していく方が私は素敵だと思うから」

今回、ジャケットは美術作家の奈良美智が描き下ろした。「元々奈良さんを知ったのは、姉が“子供の頃のyokoちゃんに似てるよ”ってみせてくれたから。10年くらい前に知人から“奈良さんがnoodlesをラジオでかけてくれたらしいよ”って訊いて、びっくりした。いつか頼めたらって頭の片隅にはあったけど、世界が違い過ぎておこがましくて。でも今回、エンジンかけてるときの勢いで頼んじゃおって(笑)。6点下さって、“全部使っていいよ”って言って下さったから全部アルバムに入ってます」。まさにサウンドからアートワークまで、世界に誇れる名盤の誕生だ。

取材・文:浅野保志(ぴあ)

noodles新体制で初の新作をyokoが語る!の関連アーティスト

  • noodles お気に入りに登録
  •   
    お気に入りに登録を押すとお気に入り登録され、チケット情報がGETできます。
    このページ「noodles新体制で初の新作をyokoが語る!|チケットぴあ」上部へ
    「noodles新体制で初の新作をyokoが語る!」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
    プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
    アフィリエイト募集ぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

    チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

    Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.