チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

3バックは及第点、エルサルバドル戦ではゴールラッシュを! 2019/6/7 13:00配信

中島翔哉 (c)スエイシナオヨシ

チケット購入

森保ジャパンの次戦でのテーマはハッキリしている。人数をかけて引いた相手からいかに点を取るかだ。

ご存知の通り、6月5日・トリニダード・トバゴ戦はスコアレスドローに終わった。システムはこれまでの4バックから3バックに移行。日本代表は25本ものシュートの雨を降らせたものの、近く見えた1点が遠かった。

ストレスの溜まる展開となったが、悲観する内容でもなかった。初めて実戦で試された3-4-2-1は、今後のオプションとして十分な期待を抱かせた。前半こそ、攻撃は大迫勇也、中島翔哉、堂安律の3人任せだったが、後半は両ウイングバックも攻撃に重心を置き、分厚い攻撃を可能にした。さらに相手GKマービン・フィリップが神がかり的な大当たりを連発していた。そんな中、トリニダード・トバゴが時折見せるカウンターを凌いだ3バック昌子源、畠中槙之輔、冨安健洋とGKシュミット・ダニエルの安定感も頼もしい。

試合後、森保一監督は「我々がこれまでやってきた形ではないシステムで、選手たちは難しい部分が多々あったと思うが、攻撃も守備もよくチャレンジし、トライしてくれた。その中で攻撃はディフェンスライン、GKからのビルドアップ、ウイングバックの幅と、時間を追うごとに良くなって、厚みのある攻撃につながったと思う」と手応えを口にした。

また、チーム最多となる7本のシュートを放った中島も「試合も0点で終わってしまったのですごく悔しい。今日はチームとしても得点を取れないで終わったので反省をして次はより良いプレーをしたい」と悔しさを口にしつつも、新システムについて「初めてやって分かったこともたくさんある。システムが良くなかったとか全然ないし、それぞれのシステムにそれぞれの良さがある。この次はもっとやれる」と前向きであった。

勝負事に「たら・れば」はないが、もし序盤に中島や大迫のシュートが決まっていたら、試合は全く異なる展開になっていただろう。そもそもサッカーでは、内容で圧倒しながらも引き分け、もしくは一発のカウンターやセットプレーから敗戦を喫することは多々ある。今大事なのはトリニダード・トバゴ戦の反省ではなく、次戦での修正である。

システムは3バックか、4バックか。18歳の久保建英の代表デビューはあるのか。注目点はいくつもあるが、次のテーマはゴールだ。大迫、中島はエースならば、決定機を決めなければならない。後半途中まで0点の場合は、監督の点を取るための交代策も問われる。日本代表は2戦続けて、不発に終わるわけにはいかない。

『キリンチャレンジカップ2019』日本代表×エルサルバドル代表は6月9日(日)・ひとめぼれスタジアム宮城にてキックオフ。チケット発売中。

3バックは及第点、エルサルバドル戦ではゴールラッシュを!の関連公演・イベント

このページ「3バックは及第点、エルサルバドル戦ではゴールラッシュを!|チケットぴあ」上部へ
「3バックは及第点、エルサルバドル戦ではゴールラッシュを!」のページです。アーティスト・劇団・スポーツチームなどの最新情報はチケットぴあで!
プライバシーポリシーぴあ会員規約特定商取引法に基づく表示旅行業登録票・約款等動作環境・セキュリティ公演中止・延期・発売方法変更などのお知らせチケットぴあ WEB APIのご案内チケットを委託するには
アフィリエイト募集ぴあ会社案内お問い合わせ     「ログアウト」

チケットぴあに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はぴあ株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。

Copyright c PIA Corporation. All Rights Reserved.